キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

ユンボ君 キャンプ場復旧作業に再び登場

2020-03-27 19:44:46 | キャンプ場だより

26日いよいよキャンプ場復旧作業が始まりました。
再びユンボ君の出番です。

取り急ぎ、トイレと流しを作らなくてはならないのですが、
土が流れて地面が低くなっているところは排水管などの関係で
砕石を入れて地盤を高くしなくてはなりません。
幸い砕石場は近いので、大工さんがトラックで何往復もして
運んできてくださいました。


昨日今日は風もなく暖かな春のお天気でした。    
明日は
雨で、ところによっては雪だとか。    ??
この週末はコロナの感染拡大を懸念して
あちこちで外出を控えるようお達しが出ていますが、
お花見が出来ないと悲しまないように、雪を降らしてくれるのは
誰の計らいなのでしょう。


シャワー棟の向こうにあったうちの山桜は根元から何にも
遮られることなく、すっくりと立って枝をのびのび広げ、
赤い葉と共に花を咲かせています。

テントサイト2と3の間にあったソメイヨシノ2本のうち
堤防よりの木は根むき出しにして倒れてしまいました。
洪水の流れの強さを思い知りました。

残ったもう1本の桜は2m半位の高さに流れてきたゴミをぶら下げていました。
この木は今年は花付きがよくありません。


お隣の枝垂れ桜がいまとってもきれいです。
その手前の畑は泥を被っていましたが、今日、
ご主人が耕運機をかけ、石灰と腐葉土を混ぜ込み、
ご夫婦でこれから夏野菜を育てる準備をいそいそ
楽しそうにしておられました。

コロナ感染が広がらないよう、
そして早く平安な日々が戻るよう祈っています。


 

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 家和楽の近況 | トップ | 桜ちり初め、芽吹き進む »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンプ場だより」カテゴリの最新記事