キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

オオムラサキ と メジロの巣

2018-07-22 20:27:35 | 自然

うちの小さなキャンプ場には大きな樹が何本かあります。

入口のドライブウエーの前にブランコが下がっている大木はエノキです。 

この木は人にも鳥にも虫にも、その他のさまざまな生き物に
とってなくてはならない木です。

夏には素晴らしい木陰を作ってくれます。
秋には金貨のように輝く葉を降らし、黄金の絨緞を敷いてくれます。
晩秋になると小さなオレンジ色の実が落ち、鳥たちのごちそうになります。

エノキの葉を食するモノがいろいろいます。
タマムシ、ゴマダラチョウ、オオムラサキなどです。

先日、お隣のご主人からラインで写真が送られてきました。
物置の片付けをしていたら、大きなきれいな蝶がいたとのこと。
それはなんとオオムラサキでした!! 

  

去年の冬、エノキの根元にオオムラサキとゴマダラチョウの越冬幼虫がいないか
調べている人が来ました。 ゴマダラチョウの幼虫は見つかりましたが、
オオムラサキは見つけられませんでした。

でも、やっぱりいたのです!!
ところで、オオムラサキは日本の国蝶です。 

     *・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*  

この間の連休に息子が来て、バンガローAの樋を掃除してくれました。
細枝や葉が詰まって縦樋の上の部分に草が生えていたのです。
脚立を使って、見てみると何と鳥の巣が出来ていました。

  

雨が降ったら、巣が水浸しになるでしょうに。なんでそんなところに!?
バンガローの屋根に覆いかぶさるエノキの枝が巣を守ってくれると思ったのでしょうか?

  

   

  バードカービングの先生に巣を見せたら、メジロの巣でした。


  

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 猛暑の7月 | トップ | 立秋の台風 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねこね)
2018-07-25 15:58:52
雨樋に巣を作るとは・・・巣作りでおっちょこちょいの鳥っているようですね。以前住んでいた家の庭の木に毎年巣を作るカササギの夫婦は、巣が完成する前の底に大穴があいたままの状態で卵を産み、毎年卵が下に落ちていました。少しは学べ!と本気で思いましたよ。
ところで、メジロ、かわいいですね。飛んでいるのを見るたびに「空飛ぶうぐいす餅!」と感じます。  ねこね
Unknown (キャンプ屋)
2018-07-26 21:16:37
ノルウエーにもメジロいますか?
英語でJapanese white-eyeって言うそうだから、
似た鳥がいるのでしょうね。
小さくて可愛い。 洗足池の家の桜の木でメジロ押しのメジロを見ました。
Unknown (ねこね)
2018-07-26 22:15:40
メジロ→学名→ノルウェー語名と調べて、「庭のめがね鳥」という名だということまではわかったのですが、「ノルウェーの鳥」という図鑑には載っていないので、こちらにはメジロはいないのかも。見たこともないし。久が原の家の山茶花にもめじろ押しで来てました。
こちらでは、英語でいうオイスターキャッチャーを海岸でよく見かけます。この間は、子連れで波打ち際に来て、ムール貝を割っては子供に食べさせていました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自然」カテゴリの最新記事