キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

8月5日 Watermelon Day

2021-08-05 19:15:22 | キャンプ場だより

 Watermelon Day  は世界的? アメリカの? 日本でも?
アメリカのカード会社が Watermelon Day に E-カードを送りましょうと
言って来ました。

”何々の日” って 毎日(のよう)にあるけど、アメリカでもそうなのかな~?

この猛暑の日々、確かにスイカはいいですよね。
水分補給、熱中症防止、暑気除け。

  

  (巨大なスイカのようになりましたが、直径14cmです。)

さっきお隣の奥さんが、小玉スイカ (中玉かも)を半分持って来てくださいました。
「食べてすけて。」っておっしゃって。茨城弁で「すけて」は助けてです。
自分のところでは食べきれないから、食べてという意味ですが、
頂くことに気をつかわないように、奥ゆかしくそのように言うのだと思います。

丁度、Watermelon Day !!  食べたいと思っていたところでしたと
喜んでいただきました。
私には1個丸々のスイカは小玉スイカでも、
買ってくるのも重いし、冷蔵庫に入れておくのも大変なのです。
いつもカットされたのしか買いません。

今日は半分のスイカをスプーンですくって食べよう!
Happy Watermelon Day !

 

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« モクモク雲の猛暑の日々 | トップ | 雨、雨、雨 のあとは 猛暑、... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねこね)
2021-08-07 23:41:49
日本ではスイカが美味しい季節ですね。こちらでもスーパーでは普通のスイカ、中東人の経営するエキゾチックな食材屋さんで、特大のラグビーボール型のスイカを見ますが、今年は気温が低いので、ちょっと手が出ません。お燗をつけて(?)食べたらいいのかしら。
スウェーデンでまた感染者が増えて、月曜からまた国境越えの後にはカランティーンが条件づけられるようになりました。その前に、というわけで昨日からスウェーデンに買い物に出かける人で国境は大混雑のようです。いくらスウェーデンの方が物価が安いと言ったって、そんな大混雑は願い下げ、相変わらず閉じこもっています。閉じこもり生活に慣れちゃって、コロナ後にモトに戻れるか、心配になってきました。ヒキコモリ老人化しないよう、気をつけます。  ねこね
Unknown (キャンプ屋です)
2021-08-08 13:36:06
世界的パンデミック。収まりませんね。
いつもお盆にキャンプに来る人もじっと我慢の引きこもりで、今年は静かなお盆で夏休みです。
茨城も緊急事態にこそはなっていませんが、感染拡大防止地域になっています。今日までは皆オリンピックでTVにかじりついているかもしれないけど、それが終わって残暑が厳しいと引きこもりも耐えられなくなるかも。幸か不幸か、河川工事でここの河原には降りられなくなっているから河原キャンプの人が来ないので良かったと思っています。彼らが来て得体のしれないゴミを置いて行かれないのは、ほんとにありがたい。
私は引きこもりで、PCとスマホとソーイングばかりしていたら手の指が痛み腫れてきました! なんでも「ばっかり」はだめね。クッキングとモグモグばっかりの人も増えてきているのか、最近太り気味女性が目立ちます。このまま食欲の秋が来たら、みんなどうなっちゃうかしらね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンプ場だより」カテゴリの最新記事