キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

9月最後の週末

2019-09-29 09:34:02 | キャンプ場だより

テントサイト1と2に、二組のファミリーをお迎えしています。
大人が4人、子どもが9人、ワンちゃん1匹。
お天気は暑くもなく、寒くもなく、秋晴れとは言えないまでも
上々の秋キャンプ日和です。

川は程よい水量でゆったりと流れています。
最近、釣り人が多くなりました。
 
夏は、鮎はいるけど、まだ小さいと聞いていました。
ようやく大きくなったのでしょうか。

先日の朝、カーテンを開けると水面にさざ波が広がっていました。
何だろうと思っていると、カワウの大群が飛び立ちました。
そして後ろからダイサギが何羽も何羽も飛んできました。
黒いカワウと白いダイサギのコントラスト。
今年も、加山又造の絵の季節が来たと思いました。
釣りをする人はこの光景を苦々しく見るでしょう。

 
(この写真は以前の写真です。大きな白いサギと黒いカワウが
入り混じって飛び立つところを思い描いてください。)


彼岸花は必ずお彼岸に咲きます。
昔は田んぼの周囲を囲むように彼岸花が咲いていました。
彼岸花の球根は毒があるから、植えておくとネズミ除けになったそうです。
 
 

キャンプ場にもあちこち彼岸花が咲くようになりました。
不思議です。 種が飛んで来る!? 種!?見たことない。
球根が分裂して、年々、株が大きくなってきます。
奥のテントサイトは、今、彼岸花に乗っ取られています。
10月はテントサイト5はクローズしています。

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« この地での台風15号 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンプ場だより」カテゴリの最新記事