キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

シラガタロー が クスサンに!

2021-10-12 10:59:31 | キャンプ場だより

6月9日のこのブログにアップした シラガタロウ が遂に、
羽化して クスサン になりました!

友達が「これは何の毛虫?」とラインで写真を送ってきました。
それはシラガタロウ、クスサンの幼虫でした。
毛虫、蛾が嫌いな人はこれから先はスルーしてください。
興味のある人は6月9日のブログを開いてください。タロウの写真があります。

その後、彼女のところに行ったら、
シラガタロウと共にその繭、透かし俵 があちこちでみられました。
  
 

クスサンとはヤママユガ科の大型の蛾です。
繭をもらってきて飼育箱に入れていました。

昨夜、飼育箱の置いてある棚辺りでバサバサっと音がしました。
ギョッとしながらも見ると、何と!クスサンが羽化していました!!

 
  羽幅10cm

蛾は羽化すると、もう何も食べないでひたすら次世代に命を継ぐことしか
ないのです。 

羽化したらすぐ蓋を開け放して外に置き、相手を探し、使命を無事はたせるように
しようと思っていたので、すぐ飼育箱をベランダに出しました。

今朝見ると、どこかに飛んで行ったらしく、いませんでした。
相手を見つけ卵を産むことが出来ますように。
6月から10月の間、透かし俵の中のサナギは飼育箱の中で静かに眠っていたのです。
無事、羽化出来てよかった!!

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする