キャンプ屋さんで里山暮らし 20年

茨城県北部の小さなファミリーキャンプ場からの便りです。自然豊かな里山暮らしの日々の気づきを綴ります。

GW 明ける 

2018-05-06 15:47:55 | キャンプ場だより

今年のGW 前半は五月晴れでしたが、 
後半の3,4日は雨、雨、、、。
雹まで降りました!

3,4連泊のテントサイトのお客さんには気の毒なことでしたが、
さすがアウトドア愛好者。
朝夕の寒さにもめげず、盛んに焚火をして、上手にキャンプをエンジョイされました。

子供の日、5日はすっかりお天気が回復し、今日6日、連休の最後の日曜も
穏やかな清々しい一日です。


雨が降ったにもかかわらず、久慈川の水量は上がらず、
子どもたち(お父様ともども)は、水際での遊びを楽しみました。

一時、飼育箱におさまったオタマジャクシ、ヤゴ、ドジョウ、川エビ、蛙などは 
ちゃんと又、川に戻されています。

川辺の遊びで子供たちが小さな生き物たちと触れ合える豊かな自然が
私たちのキャンプ場の自慢です。 

  

 

 

 

 

 上は5月5日の朝の様子です。 よいお天気です。 
 3,4日は今一のお天気でも、終わりよければ、全てよし ♪♪

 

  5月6日の朝、すっかり帰り支度が整ったチェックアウト前のひと時。

今年も、素敵なキャンプ大好きファミリーを迎え、楽しいGWを過ごすことが出来ました。
皆様、ご来場ありがとうございました。

明日からは、しばらく静かなキャンプ場となります。
私は、のんびり場内の整備をし、この地の自然を楽しみます。

この地の自然の象徴!?  
次の写真は、お客さんが河原で見つけられたものです。

 
 
  何だかわかりますか?

 

  イノシシの足です。 上流から流れてきたのかな?
  
   

  


 
  
  
 





コメント