合気道の極意

私が一生をかけて極めようとしている合気道の極意をシンプルにわかりやすく記録していく。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大地に合気を掛ける

2006-11-01 | 極意探求
ゆるんでいるが、重い。これが合気道を極めた人の理想の姿である。これはまさに、重力に身を任せ、それを我が物として扱えるがゆえの姿である。

これを実現するためには、相手との接点において圧力を感じ、そこへ自分の重さを掛けていくことが必要になる。上半身を特にリラックスさせ、重力に身を任せ、身体全体で重さ(圧)を掛けることで、相手は圧倒的な圧力を感じることになる。

この感覚を磨いていくと不思議なことが起こってくる。上半身でだけ感じられていた圧力が下半身にも存在していることに気がつくのだ。すなわち、大地との接点である。これは、身体をゆるめればゆるめるほど強く感じられる。

大地に圧(合気)を掛けている状態(これを「大地と合気する」と呼ぶ)のとき、感覚としては地に根がはったような安定感を感じることができる。そして、そこを基点として技を繰り出せるため、相手に掛けられる圧はますます増える。しかも相手にとっては、どこから力を出しているのかわからないため、防ぎようがない。

これを実現する稽古法としては、一人転換がお勧めである。これは一人で転換を繰り返し行うという単純なものであるが、このとき大地との合気を意識して稽古するのである。初めのうちは浮いてしまう感じがするかもしれないが、慣れとともに重心が沈み、次第に大地にねっとりと合気を掛けられるようになるだろう。

コメント   この記事についてブログを書く
« 引分け | トップ | 合気道とはどんな武術か? »

コメントを投稿

極意探求」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事