八ヶ岳キリスト教会のブログ

礼拝説教の概要や教会の行事などについて書いていこうと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平安を残します

2020-01-31 21:20:27 | 日記
わたしは、あなたがたに平安を残します。

わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。

わたしがあなたがたに与えるのは、

世が与えるのとは違います。

あなたがたは心を騒がしてはなりません。

恐れてはなりません。



あなたがたがわたしにとどまり、

わたしのことばがあなたがたにとどまるなら、

何でもあなたがたのほしいものを求めなさい。

そうすれば、

あなたがたのためにそれがかなえられます。聖書。ヨハメ。










    罪赦された罪人より
コメント

神の子どもとされる特権

2020-01-30 14:58:49 | 日記
すべての人を照らすそのまことの光が世に来ようとしていた。

この方はもとから世におられ、世はこの方によってつくられたのに、

世はこの方を知らなかった。

この方はご自分のくにに来られたのに、ご自分の民は受け入れなかった。

しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、

その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。


ことばは人となって、わたしたちの間に住まわれた。

私たちはこの方の栄光を見た。

父のみもとから来られた独り子としての栄光である。

この方は恵みとまことに満ちておられた。


私たちはみな、この方の満ち満ちたゆたかさの中から、

恵みの上にさらに恵みを受けたのである。

というのは、律法はモーセによって与えられ、

恵みとまことはイエス・キリストによって実現したからである。

いまだかつて神を見た者はいない。

父のふところにおられるひとり子の神が、神を解き明かされたのである。

      聖書、ヨハネ












     罪赦された罪人より
コメント

悪の絆を解き

2020-01-29 20:55:10 | 日記
わたしの好む断食は、これではないか。

悪のきずなを解き、くびきのなわめをほどき、

しいたげられた者たちを自由の身とし、

すべてのくびきを砕くことではないか。

飢えた者にはあなたのパンを分け与え、

家のない貧しい人々を家に入れ、

裸の人を見て、これに着せ、

あなたの肉親の世話をすることではないか。

そのとき、暁のようにあなたの光がさしいで、

あなたの傷はすみやかにいやされる。

あなたの義はあなたの前に進み、

主の栄光が、あなたのしんがりとなられる。

そのとき、あなたが呼ぶと、主は答え。

あなたが叫ぶと、

「わたしはここにいる」とおおせられる。

もしあなたの中から、くびきを除き、

うしろ指をさすことや、

つまらないおしゃべりを除き、

飢えた者に心を配り、

願う者の願いを満足させるなら、

あなたの光は、闇の中に輝き上り、

あなたの暗やみは、まひるのようになる。

主は絶えず、あなたを導いて、

焼け付く土地でも、あなたの思いを満たし、

あなたの骨を強くする。

あなたは、潤された園のようになり、

水のかれない源のようになる。聖書、イサヤ、58。








    罪赦された罪人より
コメント

主を求めよ

2020-01-28 13:36:32 | 日記
主を求めよ。お会いできる間に。

近くにおられるうちに、呼び求めよ。

悪者はおのれの道を捨て、

不法者はおのれのはかりごとを捨て去れ。

主に帰れ。そうすれば、主はあわれんでくださる。

私たちの神に帰れ。豊かに赦してくださるから。


「わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり、

私の道は、あなたがたの道と異なるからだ。

天が地よりも高いように、

わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、

わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。

雨や雪が天から降ってもとに戻らず、

必ず地を潤し、

それに物を生えさせ、芽を出させ、

種まく者には種を与え、

食べる者にはパンをあたえる。

そのように、

わたしの口から出るわたしのことばも、

むなしく、わたしのところに帰ってはこない。

必ず、わたしの望む事を成し遂げ、

わたしの言い送った事を成功させる。

まことに、あなたがたは喜びをもって出て行き、

安らかに導かれて行く。

山と丘は、あなたがたの前で喜びの歓声をあげ、

野の木々もみな、手を打ち鳴らす。

いばらの代わりにもみの木が生え、

おどろの変わりにミルトスが生える。

これは主の記念となり、

絶えることのない永遠のしるしとなる。」聖書、イザヤ、55.








    罪赦された罪人より
コメント

インドネシアの青年

2020-01-27 12:19:34 | 日記
昨日の11時からの主日礼拝には神の導きによって

インドネシアの若いクリスチャン青年が来られた、

彼は半年前に日本に移住して医療関係の仕事をしており、

敬虔なクリスチャンだ、

「家族は5人でみんなプロテスタントのクリスチャンです、

自分は日本に移住するのが夢で日本に来ました、

八ヶ岳キリスト教会へ導かれて嬉しいです、自分は子供の時

からギターが大好きです、今日はギターをひいて賛美を

捧げさせてください」と一曲賛美してくださった、

イエス様をほめたたえている彼の賛美は静かに礼拝堂に

響き、私たちの心に響いた・・


皆で神をほめたたえ牧師を通して語られる聖書のメッセージ

は私たちの心を熱くした、

神の御名があがめられる最高の礼拝でした、


トム先生はマスクをして礼拝に出席していた、

「今日はイングリッシュスクールはお休み、わたしわたし

風邪ヤバイ」とトム先生、







いつまでも残るものは信仰と希望と愛です、

その中で一番すぐれているものは愛です。聖書。







    罪赦された罪人より

コメント