ポケットの中で映画を温めて

今までに観た昔の映画を振り返ったり、最近の映画の感想も。欲張って本や音楽、その他も。

『ウインド・リバー』を観て

2018年07月30日 | 2010年代映画(外国)
新作『ウインド・リバー』(テイラー・シェリダン監督、2017年)を観てきた。

ワイオミング州のネイティブアメリカンの保留地。

野生生物局のハンター、コリー・ランバートは、別れている妻の親が住むウインド・リバー居留地に息子と向かう。
家畜を襲うピューマ狩りを依頼されたコリーは、雪深いなかピューマを追っていて、若い女性の死体を発見する。

コリーが部族警察長ベンに連絡して、FBIとしてやって来たのは新米の女性捜査官ジェーンだった。
ジェーンは、慣れない寒さと吹雪のために、この地をよく知るコリーに捜査協力を頼む・・・

死亡していたのは、18歳の少女ナタリー。
場所は、周囲に民家さえない雪原の中。
そして、気温がマイナス30度程になるのに素足のままであった。

検死の結果は、強姦のあとはあるが、極限の冷気を吸い込んだうえでの肺出血による窒息死なので、他殺とは認定できないと言う。
しかしナタリーは犯人から逃走中だったはずだから明らかに殺人事件だと、ジェーンは執念を燃やす。

話が進むうちに、コリーの娘エミリーの身に起こったことも明らかになる。
だから、コリーにとって家族崩壊の元となった復讐も絡む。

久々に面白い映画である。
大自然の雪の中、コリーとジェーンを乗せたスノーモービルでの謎解きに、観ていて緊張する。
このピーンと張り詰めて、グイグイと進んでいく辺りは、なかなか心地よい。
そればかりか、テイラー・シェリダンは、背景にあるネイティブアメリカンの実情を、社会問題とまではせずに自然にあぶり出す。
そして、人間関係の微妙なあやを見事に描き出す。

と言ってもラスト近くで、謎解きを飛ばして、急に犯行シーンになる辺りからの活劇調には驚いた。
反ってこれがあるから、深刻な社会劇にならずに十分に楽しめて、観てよかったと満足する作品になったと思っている。
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 『上海から来た女』を観て | トップ | 『人間の運命』を観て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2010年代映画(外国)」カテゴリの最新記事