サボテン栽培とスタッフの投稿。

温室内および各地の風景

リュウガマル コクオウマル

2018-07-12 | みんなの花図鑑
竜牙丸、黒王丸、今やサボテン界を代表するコピアポア。
その姿はサボテンの王様と言われ、チリの原野に埋もれながら生き続ける原始の姿を見せてくれてます。長年
育てればその姿を変化させてくれる。









ジャンル:
みんなの花図鑑
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« タイサンボク  | トップ | マグノリア 実 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
魅力的 (miko)
2018-07-12 10:08:30
見事なコピアポア、yasuさんの自慢のサボテン、 いつ見ても見事。  
根付きも4年目に入りましたね。刺の出方、肌の色彩、風ぼうどれをとっても、サボテンの横綱、   昔話も沢山ありますね。 良いサボテンを見せてもらいました。
久しぶりに載せました (yasu)
2018-07-12 11:19:59
たまにはスタッフ以外にも私のサボテンを載せました。  mikioさんが気に入る、コピアポア、如何ですか、前より少しかな成長と、色艶が増したと思いませんか。 根が出るのに2年、あのチリの砂漠地帯、思い出しますね。
行くことが既に出来ないあの場所。
少しでもコピアポアを見て懐かしさを思い出してます。 暑さが増すこれから、外仕事注意をしてください。  当方スタッフ一同も頑張ってますよ。 

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事