なんとかなるもんだよZUYAさん! ( Hey, ZUYA. You Can Do It! ) 

『なんてこったいZUYAさん!!』をVersion Up.“崖っぷちブルーズマン”ZUYA(ずうや)の悲喜交々を綴る。

学びなさい...

2018年05月02日 | 

どうも少々2日酔いのZUYAさんです

一昨日の旅日記を書くにあたり、決して“ランラン気分”だけの旅ではなかったのでどういう風に綴ろうかと2晩ほど考えていました


特別養護老人ホームで暮らす御年95才になる祖母に会いに行ってきました。結婚して以来のZUYAさん夫婦の恒例行事で今回で9回目になります




いつもは列車と車、そして宿泊をうまく組み合わせて旅程を立てるのですが、今回は急にワイフと休みが重なった上にGWと言うこともありレンタカーの確保は難しく、更にはもう2ヶ月になるのですが一向に完治しないぎっくり腰ではとても長時間の運転は厳しく...

中央自動車道のドライブはひたすら緑を目にしながら走るので、まさに最近の“気分の悪さ”の解消にもってこいなのですがね~


例によって 『 ぷらっとこだま 』 を利用し名古屋に向かう。今は 『 のぞみ 』 で行けば1時間半ほどで名古屋まで行けるのに、あえて 『 こだま 』 に乗り2時間半かけてのんびり移動。座席もプラス1,500円払ってグリーン車で~





東京駅を出発するや否や旅の楽しみの駅弁を開ける。朝7時半のビール...

それを食べ終わる頃には富士山も顔を見せてくれました。新幹線版“各駅停車”である 『 こだま 』 には車内販売がありません。でも通過待ちのために長いところだと6分ほど駅に停まるので、その間に“補充”ができるのです

ZUYAさんはお弁当は“当たり”でしたが、ワイフのはイマイチだったようでで腹いせに甘い物が欲しいと。三島駅に停車中にアイスクリームと 『 ようかんぱん 』 なる不気味な物を購入してみました







名古屋で在来線に乗り換えさらに1時間ちょっとでようやく恵那駅に到着。昔に比べ随分とスピードアップされたものです。幼少の頃は祖母と祖父が名古屋駅まで迎えに来てくれました。大阪・難波駅で両親がうるさい双子を近鉄特急(鶴橋を出ると名古屋までノンストップ)に放り込むと祖母たちが名古屋駅で待ち受けると言うシステムでした

当時の名古屋からの旅はもっと長かったのですが、実に楽しい思い出ばかりでホームで売られているきしめんを車内に持ち込んだり祖母が握り飯を作って来てくれたり。いつもは車で行くからあまり思い出すことはなかったのですが、今回は電車に乗って色々と思い出しました







駅前の景色は当時とはすっかり変わってしまいましたが、駅の跨線橋は当時のままのような気がする。今NHKの朝ドラは恵那市が舞台のようなので、もっと盛り上がっているかと思ったが...

駅前にある 『 あまから本店 』 で五平餅を食べるのは毎回恒例なのですが、今回は電車なのでやはりビールも頂く




こちらは丸い団子型の五平餅~



食べ終えてから祖母のいる施設に向かった。運動不足解消も兼ねて約2キロを歩くことに。施設はちょっとした山の上にあり空はスッキリと晴れていなかったのですが、遠くには南アルプスや数年前に噴火した御岳山を眺めることが出来たました


あの恐ろしい噴火ももう4年前かぁ


市街地を見下ろしながら...



さて施設に到着してビックリしたのは、その日は祖母の誕生日だったのです。もっと良いプレゼントを用意して行けば良かった。昨年も思ったのですが、こちらの施設のスタッフは気持ちの良いほど活き活きとしていて祖母も大変感謝しているようでした

しかしやはり訪問者は少ないようで他の入所者たちの羨望の眼差しがかなり突き刺さるのはいつものこと。我々ももう少し近ければもっと頻繁に顔を見せたいのですがね

ちょうど1年振りに会ったのだが、前回よりかなり会話のやり取りが厳しく(ZUYAさんも右耳が不調だし...)、今回は何度も涙を流してしまった。来る時の電車の中で色々と思い出に浸ったこともあるのか、祖父が早くに亡くなってしまいその分までとても愛してくれた祖母と会話が出来ないなんてね...

しかし“のろけ”ではないが、さすがZUYAさんのワイフは“本職”だ。泣いてばかりいる旦那の代わりに懸命に聞き取り祖母に語り掛けてくれた。普段は知的障害のある子供たちに献身するワイフだが、介護福祉士の資格もあるので車いすを押して施設の周りを散歩できないものかと思ったが、次回は考えてみようと思う



          



1時間半ほど滞在して再び名古屋まで戻る

帰りの新幹線まで2時間弱と言う微妙な“持ち時間”。駅前のビルの上にある 『 スカイプロムナード 』 なる所へ向かう。50階建てに近いビルの最上階付近にある展望台だ。ここから眺めて“名古屋見物”を終わらせようという魂胆でした



スカイプロムナード。微妙な料金設定...


名古屋城観覧(笑)


JR名古屋駅のツインタワーを見下ろす



お土産と夕飯(晩酌?)用のお弁当を買ったのですが、朝に名古屋駅のホームの看板で一目惚れをした 『 みそかつ&大えびフライ弁当 』 は怒りが込み上げてくるほど残念なお味で...

美濃味匠の 『 名古屋自慢 』 は素晴らしく、特に味噌カツは前者の物とは全く別物









帰りの新幹線でも程よく酔っ払いました(途中でも補充)。東京駅で山手線を待っているとアジア系外国人一団に声をかけられて、

“Do you speak English?”と。

“Yes, I do.”と答えると、どうやら千葉方面に行きたいのに山手線の3番線と総武本線の3番線と間違えたようだ。ただ東京駅のホーム配置は実に難しいので、ワイフと2人で地下深くにある正しいホームまで案内してあげました

祖母の面倒を見てくれている人達に比べれば大したことではないが、人の役に立てるのは嬉しいし、そうでなければね



          


さて、翌日(昨日ですな)は仕事でしたが朝から晩までイライラしっぱなし...いったい前日に自分は何を学んで来たのであろうかと我ながら思いました

もちろん晩酌も微妙なものに...


今日は素敵な気持ちで過ごしたいものです 


Have A Wonderful Day,Folks!



ジャンル:
おもしろい
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 悪夢で目が覚める... | トップ | ままならず... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
孝行孫 (砂希)
2018-05-02 21:50:10
お祖母ちゃん、喜んでいたでしょうね。
たとえ会話のキャッチボールが不調でも。
新しい職場に僧侶の教員がいると知りました。
彼の案内で秩父札所巡りができそうです。
きっとイライラも吹き飛ぶと思います(笑)
何だか、今の職場に異動した理由は、札所巡りにあるような気がして。
御朱印もいただいちゃおうかしら。
砂希さまへ (ZUYA)
2018-05-03 09:24:06
心の底から行って良かったと思います

うちは子供に恵まれずひ孫を見せてあげれなかったことだけが悔やまれます。次回は10回目の訪問は盛り上がってまいります~

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事