なんとかなるもんだよZUYAさん! ( Hey, ZUYA. You Can Do It! ) 

『なんてこったいZUYAさん!!』をVersion Up.“崖っぷちブルーズマン”ZUYA(ずうや)の悲喜交々を綴る。

北米への旅 Vol.4...

2018年07月12日 | The States & Canada 2018

あっという間にアメリカ最終日

カナダ訪問と組み合わせて Jon 達を訪問するのは今回で3度目。毎度彼らにはもっと長く居てくれよと懇願されるが、その都度日本の先進国にあるまじき“有給休暇取得率の低さ”を説明せねばならない。西洋人からすればこの10日間なんて短さは理解しにくいようだ


さて、もちろんこの日の朝も4時起床。そしてベッドの中でスマホをいじくるZUYAさん。前日同様明るくなるや否や外に出る。湖畔の朝の写真をどうしても撮りたいのだ



先ずは湖を背にパチリ。左の家が彼らの家。


彼らの家から湖までは100mあるかないか。年配の黒人の方が朝釣りをしていたので軽く声をかけて邪魔をしないように撮影開始。その後はレール・トラック沿いに歩き、まさにアメリカを感じる素晴らしい景色を堪能する


















左側に写るボートのある辺りがスタート地点


今日は Barb は仕事に行かねばならず、身支度を整えている間に Jon が皆の朝食を準備してくれた。トルティーヤと言うかタコスと言うか、とにかく美味い!






先に Jon が Barb を職場まで送る。もちろんサヨナラのハグをする。戻ってくるまでにZUYAさんも身支度を始める。次にZUYAさんが空港まで送ってもらい空港の入口で再会を約束し別れる。アメリカに住むカナダ人に“カナダにいる皆によろしくな~”と言われるのはいつも不思議な気がする

前回はこの空港でドタバタしたが今回はあっさりスルー。出発ロビーではアコースティック・ギターを弾いている人(もちろん乗客)がいたりしていかにもアメリカ的な時間の使い方だ

7年前の一件はこちら( ↓ )

https://blog.goo.ne.jp/yasunrod/e/3d99aec3d874ee8a9064a1f1c65ad5a5




何じゃこりゃ? チーズ型の...


ミネアポリスまで飛び、今度はカナダ・ウィニペグに向かう。乗換時間は3時間ほどあるので空港内のレストランでチキンサラダを食べながらのんびりとビールを飲む

出発時間が近づいたのでゲートに向かうとまさかの1時間20分の遅延...もう一度飲み直すかと考えたが、ウィニペグでは今夜演奏があるので体調を整えておくことにし、軽く珈琲とピッツアを頂く。ミネアポリス空港は Wifi 完備でコンセントは至るところにあるので容易に時間は潰せる





飛行機は飛び立つと北北西へと進み国境を越えてカナダに入る。見覚えのあるプレイリー(大平原地帯)が見えてくるとウィニペグが視野に入る

来たぜ~ウィニペグ!




左上の辺りがダウンタウンになる


アメリカと違い入国審査もあっさり。空港には Stephanie が迎えに来てくれていた。やはりハグ(笑)。パートナーの Brad は夕食の準備をしてくれているようなので真っ直ぐ家に向かう





愛機テレキャスターも今夜のために寛ぐ


またもや嫁チョイスのお土産は大好評。彼らはベジタリアンなので特製のピッツァで歓迎される。久々の3人での食事も会話が弾む。食べ終わるや否や、ようやく今回の旅で初めてロングパンツ(ジーンズ)を履き、バッグからウエスタンブーツ取りだし戦闘態勢に~



いつ食べても最高に美味い Brad の料理!


今日はここまでにしておきま~


Have A Good Night,Folks!

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 北米への旅 Vol.3 ... | トップ | 北米への旅 Vol.5... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

The States & Canada 2018」カテゴリの最新記事