対人緊張症、神経症、うつ病、明るくなる等、認知行動療法(人生勉強療法)、既に3000話以上の具体的な話を書いています。

対人緊張、対人恐怖、神経症、うつ病、等の心理療法、認知行動療法、人生勉強療法。電話、スカイプでも通院と同じように治ります

I am a teacher アイアムアティーチャー

2020年02月09日 | 心の問題 全般

I am a teacher アイアムアティーチャー

 

花沢健吾さんのアイアムアヒーロー、とても良かったですね。全巻持っています。

このブログの題名は、花沢健吾さんのアイアムアヒーローからもじらせて頂きました。

 

さて、私は治療者ではなく必要な人生勉強を教えるTeacherです。

しかし、治してもらいたいという気持ちを捨て切って頂けない人が、まだまだ居ます。

何度も書いている例ですが、足し算引き算が出来なくて苦しんでいる人を本当に楽にする方法は、足し算引き算を教えて、本人が真剣に勉強をして、人並みに足し算引き算が出来るようになる事です。これ以外の本当に楽になる方法はないと思います。

しかし、今の日本やアメリカなどの先進国は昔と比べて生きる余裕が大きくなりましたから、或る意味、優しい時代、或る意味、余計な事をしてその人の人生を棒に振る手伝いをしている、ような時代です。

ですから、足し算引き算が出来なくて苦しんでいる人に、医師や多くの人たちは、『君は病気だ。病気なんだから君は全く悪くない』と、病気だと本人に言っていなくてもそのように取れる近い言葉を使い薬を飲む事を勧めます。

確かに、薬を飲む事で、取り合えずですが、足し算引き算が出来ないという悩みは頭がぼんやりする等で軽減したり、うまく行くと薬が効いている時はこの悩みを忘れている可能性もあります。

しかし、皆さんもお判りでしょうが、その場しのぎの対症療法です。足し算引き算が出来ない人に本当に楽になってもらう方法は、足し算引き算を教えて、本人が真剣に勉強して、多くの人たちと同レベルの足し算引き算の能力を身に付けるしか方法はないのです。

今は、上記に書きました通り、先進国は生きる事に余裕が大きく出ましたから(他の理由もありますが)、多くの人が出来る事が出来ない人たちに、病気、もしくは、病気のようなもの、という優して言葉と補助金や補助施設までプレゼントを始めましたから、益々本人は自分が必要な人生勉強不足なのだという事に気付きにくくなり、気が付いて、私の所に来ても、治してもらいたい、という気持ちを捨て切れませんから中々人並みの必要な人生勉強が出来ている人になれません。

そういう人たちは、よく、私のセラピーを受けていたり、私と話をしていたら安心する等を言ったりします。さて、足し算引き算が出来なくて苦しんでいる人が算数の先生の授業を受けたり話をしたりする事で安心するでしょうか? もちろん、この先生に足し算引き算を教わって多くの人たちと同レベルの能力を身に付けたら楽になるという未来予測からの安心感はあるでしょうが、算数の先生は足し算引き算が出来なくて苦しんでいる人を楽にする事は1ミリも出来ないのです。出来るのは、教える事だけです。

突然ですが、私の亡くなった父は戦争に行って帰って来ました。戦争中の話はほとんどしたがりませんでしたが、数少ない言葉も少ない話からしたら、今の基準ではトラウマやPTSDになって要治療となるような話だらけです。もちろん、父だけではなく多くの人たちが似たような体験をして帰って来ました。それ以上の人たちは帰る事も出来ませんでした。私の父の兄、私が生まれる前に戦死をしていますから会った事も写真もありませんから名前しか知りません。帰って来れただけでも大変な幸せだと思ったでしょう。しかし、それ以上に今、生きるのがとても大変で辛かったと思います。何が言いたいのかというと、戦争から帰って来て、口に出せないほど大変だったでしょうが、ほとんどの人たちはしっかり生きて、更に、日本を世界第二位の経済大国にまで、私たちのために成長させてくれたのです。

多くの人たちが出来る事が出来ない人たちに、昔のように、スパルタ式に頑張れとは言いませんが、病気、もしくは、病気のようなもの、と言って大切に扱うのは止めませんか? もちろん見捨てろという事ではありませんが、過去のほとんどの人たちは自分の力で乗り越えて来ているのですから、必要な人生勉強が足りていないからしっかり学習して多くの人たち並みか、出来れば、多くの人たち以上に、必要な人生勉強が出来るように助力をする方向を変えませんか?

私の提案です。

☆15分程度の無料相談を毎日、午前8時から午後10時の間に受け付けています。

この相談は基本的にボランティアとして行っていますから有料セラピーのお申し込みは関係ありませんし、こちらから売り込みのような事は一切致しません。

090-2233-6654にお電話を下さい。こちらは掛け放題ですから「折り返しをお願いします」と言ってくれれば直ぐに掛け直しますから電話料金はほとんど要りません。ただし、電話に出られない時もありますので、その時は留守番電話にメッセージを入れて下さい。折り返し、こちらから掛け直します。

ただし、だらだらと長い電話を要求する人が居ますが、お話しできる時間は約15分ですから、質問等を決めてからお電話を下さい。

心理療法ハッピーライフ 矢野裕洋


コメント   この記事についてブログを書く
« 不安を恐怖だと思っている人... | トップ | 私はIQ(知能指数)的には、... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

心の問題 全般」カテゴリの最新記事