燃えるフィジカルアセスメント

総合診療医Dr徳田安春の最新医学情報集

胸痛のキラー疾患

2018-10-31 | 勉強会
 
みなさん、こんにちは。



胸痛を訴える患者には重篤な疾患をもつことが多く、急いで治療を要することが多いので、迅速な対応を心がけましょう。



急性心筋梗塞:  30分以上続く胸痛・悪心嘔吐・冷汗は古典的なtriadですが、心窩部痛や顎の痛みをきたすこともあります。

糖尿病患者などでは無痛性のことも多い。

まれに、心電図異常を認めない場合もあり、症状が典型的なときは強く疑うべきです。



狭心症:  労作型は労作性の胸部不快で、安静にて4~5分ぐらいでおさまることが多いです。

異型狭心症では夜間安静時、不安定狭心症では労作のみならず、安静時や軽労作時でも起こり、持続時間も長いです。



急性大動脈症候群(大動脈解離、大動脈壁穿通性潰瘍、大動脈壁内血腫):  突然の、移動性の裂けるような胸背部痛、失神、四肢の脈の左右上下差が3大特徴、これらのうちひとつでも認められる症例に対してはかならず急性大動脈解離も念頭におくとよいでしょう。



肺塞栓:  危険因子をもつ症例では考慮すべきです。

胸痛はむしろ認めないことが多く、呼吸困難や突然のcollapseが主訴となることがあります。

胸部レントゲン写真にて説明のつかない低酸素血症をみたときにも考えるべきです。

Well score + PERCが除外診断に有用。




写真 伝統的な沖縄の家

 

 

 

闘魂外来―医学生・研修医の君が主役!〜病歴・フィジカルから情報検索まで臨床実践力の鍛え方を伝授します
 
羊土社

 

マンガ「群星沖縄臨床研修センターとは?」が出ました。これで群星沖縄のすべてがわかる。毎月更新されますので、是非ご覧下さい。

 

好評のメルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」の最新内容を厳選編集した本の最新版「知っておくと役に立つ最新医学2018パート2」が出ました。一般の方々の役に立つ最新医学知識を満載。グローバル・スケールでの先端医学のホットな話題もわかりやすく解説。特徴はテレビや新聞より早いグローバルな情報、科学的に正確なエビデンスに基づく情報です。

 

健康と平和について発信する英語版ブログをスタートしました。「Wellness and Peace and Okinawa」 長寿研究で有名なDavid Itokazu先生との共同作業ブログです。

 

徳田安春、荘子万能の「徳田闘魂道場へようこそ」こちらポッドキャストにて配信中、是非お聴き下さい。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」。2017年のメルマガまぐまぐ大賞「健康」部門第4位に選ばれました。

 

臨床推論の総論とピットフォールをマンガでサクッと1時間以内に習得できます。エキスパート診断医への一歩を踏み出すことができます。「マンガ臨床推論~めざせスーパージェネラリスト~」こちらも合わせていかがでしょうか。

 

こんなとき フィジカル1と2」立ち読みできます。是非どうぞ。

 

一般向け健康情報ブログ「総合診療医からの健康アドバイス」。こちらもご覧下さい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 咽頭痛について | トップ | 胸痛の鑑別、続き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

勉強会」カテゴリの最新記事