地域安寧を!

日本の安寧。未来への責任。次世代の幸せを憂い、創る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

未来へ夢と文化をつなぐ責任

2014年03月22日 | 政治
 昭和43年、新幹線や首都高・東名高速の整備が一段落し、国民総生産が世界第2位となった頃、私は所沢医療センターの地にあった国立所沢病院で生まれました。その頃は、一度は東京タワーの展望台に登ってみたいとか、メキシコオリンピックや大阪万博ではどんなことが起きるのだろう。きっとそんな明るい話題で溢れかえっていた時代だったのでしょう。

 第二次ベビーブームより少し前に生まれた私たちですが、オイルショックは幼くて全く覚えていませんし、小学校の頃にインベーダーゲームに出会いましたが、毎日夕方暗くなるまで外で遊んでいました。王貞治のホームランに歓喜し、仮面ライダーの真似をして、巨人の星やアタックナンバーワンが教科書でした。
 中学の頃に金八先生が現れ、竹の子族になっちゃった友人もいましたが、学校では先生から「あったかいゲンコツ」の思い出をたくさん頂ける時代でした。学生時代にバブルは弾けましたが、それでもおそらく俺たち花のバブル組の一員でしょう。振り返ってみれば、本当に幸せな時代に生まれてきた気がします。昭和の一番良い時期に育てて頂いた世代だとつくづく思います。

 しかし、これからの日本はどうなるのでしょう。20年間続く高齢化社会を誰が支えるのか、若者の迷いや子供たちの不安を誰が取り除くのか。そうですよね。私たちの世代が、長寿社会を支える4番バッターとなり、後輩たちに頼りにされるエースにならなければなりませんよね。私たちには「未来への責任」がありますよ。仏壇の上にある戦争で死んだ若すぎるじいさんの写真は、そう語りかけています。

 ですから私は県議会議員を目指します。市内はもとより近隣地域の県市議とも組んで「埼玉西部に活気」を創出し、「“ところざわ暮らし”の質・魅力を高める」活動をしたいのです。所沢市の計画を後押しして「ふるさとの夢と文化をつなぐ」役割を担っていきたいからです。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする