地域安寧を!

日本の安寧。未来への責任。次世代の幸せを憂い、創る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自立と貢献

2011年04月16日 | 文化
 東北地方を応援するには、被災していない地方都市が経済的に自立し、国に頼らず高齢化社会を乗り切ることが課題となります。自分さえ良ければいいという世間には、責任を誰かのせいにしてばかりしているような風潮がありますが、自分に厳しく、人にやさしく出来なければ未来は乗り切っていけないでしょう。次世代に夢をつなぐには、今を生きている大人が”自立と貢献”について心から考え直さなければなりません。
 超高齢化社会、構造的デフレ、地球温暖化、精神性疾患のまん延など、既存の思考で乗り切っていけるのでしょうか。私たちは新たな文化を創り上げる時に来ているのではないでしょうか。右とか左とかのイデオロギーではもはや説明はつきません。私たちは何者なのか、アイデンティティを確かめなければなりません。おそらく、人間というものを考え直すことから始まるのでしょう。そして、目指すべき文化を提唱し、みんなでそれを大事にしていくことが重要なのではないでしょうか。さあ、未来を語りましょう。長く続く挑戦は既に始まっているのですから。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本の文化

2011年04月15日 | 文化
 日本は山があり川があり海がある。雨が降り雪が降り風が吹く。世界に一つとない独特の風土があります。人々は国土のすみずみまで田畑を丁寧に整え、山に木に水に感謝して暮らしてきました。日本は今でも瑞穂の国です。東北の青々とした空に山々が冴え、大きな雲が田んぼに写っているのを見ると本当にそう思います。民謡が生まれ、食文化が培われ、祭りが営まれています。昔から日本に災害はあっただろうに幾度となくそれを乗り越え、その度に自然に対する畏敬の念を深めてきたに違いありません。儒学の思想も反映されながら家族を大事にし、厳しい生活の中で支え合って生きてきました。
 どうでしょう皆さん、もう一度日本を、そして文化を考え直してみませんか。先ずは文化をあらゆる生活の場面で見直してみませんか。安全安心の向こう側にある生活の質を、あたりまえの生活文化として創り上げていきましょう。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする