地域安寧を!

日本の安寧。未来への責任。次世代の幸せを憂い、創る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3.生物的限界と動物的感性 ③

2010年05月25日 | 政治
  先のコメントなどで理論展開してきたように,社会的信念と動物的感性とには健康と深い関わりがあるように思われる。そのような関係を私の大学院時代の恩師、池田克紀教授より「快・不快」,「報酬・罰」の2次元の図でわかりやすくご指導頂いた。以下、説明をさせて頂く。
  人間は動物であるから,生命の維持や健康に関して基本的には,生得的な「快-不快」信号に依存しているはずであり,依存しなければうまく生きていけないはずである。このことから,「快・不快」は動物軸と定義できる。また,人間はその他に,他の動物にはない心理的・社会的な行動の側面を持っている。社会生活を営むためには,地位,名誉,お金,物質などの「報酬」といわれる人間が自ら作り出したものや,安全や平和のための法律,規則,道徳,宗教など違反すると「罰」を与えられるものにも従わなければならない。そのような「報酬・罰」の軸は人間特有のものであるから人間軸と定義できる。そしてこの社会的信念と動物的感性は,個人と社会の関係であるから,生物でありながら社会の中で同時に生きていかなければならないというジレンマが生じている関係でもある。
  図でいうところの理想社会へ多くの人々を導くことが文明社会共通の命題であるにもかかわらず、政治や経済は必ずしもその命題に立ち向かおうとはしていない。どうしてだろう…
Photo_2


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 3.生物的限界と動物的感性 ② | トップ | 1.現代社会と病理 ④ »
最新の画像もっと見る

政治」カテゴリの最新記事