元単身赴任ミドルのブログ foggy

福岡⇒東京⇒鹿児島⇒福岡 単身赴任の旅が終了しました。
マネージャーのみなさんに役立つ情報を発信したいと思っています。

ドローンの活用で、いろいろな課題が解決しそう〜

2018年03月11日 | お役立ち情報
最近は、テレビでも盛んにドローンによる映像が使われますね。用途は、ドンドン広がりそうですね!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村
あなたの応援に大感謝です! 

そのワンクリックでモチベーションが急上昇します!
(この文字の上を押してくださいね)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■テレビ映像

最近は、テレビでもドローンによる映像が盛んに使われるようになりましたね。
少し角度をつけただけで、広がりのある映像になりますね!




■救助に

知人のAさんは、趣味でドローンを飛ばしています。
土日にボランティアで国交省といろいろな実験をやっているようで、かなり本格的です。
趣味の域を超えています。

Aさんは、土日のたびに、大きな河川敷に行き、実験してるんだとか。

「災害で行方不明者が出ますよね。
消防とか自衛隊が人海戦術で捜索しますが、大掛かりにやってもなかなか成果が出ません。
ところがね、ドローンを飛ばして赤外線で探索すると、生存者を見つかりやすいんです。
これ、海や山でも同様で、ドローンの最も得意な分野ですよ」

生存者の捜索は、なかなか成果ができませんよね。
広い海、山、被災地に人海戦術で探すのって、ほんとに大変だと思います。


「赤外線が反応するのは、体温が20度くらいまでなんです。
ということは、土砂や雪に埋もれた場合は、発生から20分が勝負なんです」

ということは、大規模捜索のほとんどは、生死の意味では絶望的なそうさくなんですね・・・。
災害の実態調査だけでなく、生存者捜索にも効果的なんですね!

ちなみに風速10mを超えると、飛ばせないんだそうです。


■他にも

ドローンは、災害時の生存者の捜索に効果が出そう。
その他では、害獣駆除にも効果的だとか。

害獣が出そうな山にドローンを飛ばして、赤外線で標的を探知する。
そのポイントに、猟師が集合すれば効果的に駆除できるわけです。

なるほど〜

また、起伏の激しい地形の測量にも抜群の威力を発揮します。

ドローンで、人手不足の業務が、いくつか解消できそうですね!


■■■最後までお読みくださってありがとうございます!■■■

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村>

大応援をお願いしま~す!


そのワンクリックでモチベーションが急上昇します!
(この文字の上を押してくださいね)
ジャンル:
日記
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« どうしてこんなことが恐ろし... | トップ | そろそろコートとお別れの時期 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (通勤ウォーカー)
2018-03-11 12:33:45
こんにちは

ドローン

活用の場がどんどん増えそうですね!
Unknown (chiro)
2018-03-11 14:04:14
ドローンの活用、増えていますね。
いずれ、宅配もできるようになるかもしれませんね。
Unknown (溶射屋)
2018-03-11 14:05:13
元単身赴任のYHさん

こんにちは!

ドローンによって今まで高いお金を支払ってヘリコプターを使わなければ撮影できなかったようなことも安い金額でできるようになったことは間違いないでしょうね。

これからも色んな事に応用されていくのではないでしょうか?

ポチッ!
こんばんは (タッキー)
2018-03-11 19:46:31
新燃岳の噴火の影響はありませんか?
2014年御嶽山噴火の際に今のようなドローンの技術があったなら・・・たられば話しは意味がないですが・・・

ドローン活用は林業などでも進められていまして、松くい虫被害の調査や間伐の調査など、安く正確にとなかなか優れもののようです

今日の信州伊那谷は穏やかなお天気でしたが、残念ながら一日中PCの前で見積りをしながらふむむぅ~~と唸っておりました・・・笑
ありがたい事なんですが

ようやく遅い春が訪れた信州伊那谷です
Unknown (みかん農家)
2018-03-11 22:37:44
ドローン使い道がどんどん増えてきて
良いですよねぇ。
イノシシなどの被害も増えているので、こうして使い方もいいですね。
応援ぽち2.
Unknown (にっしー)
2018-03-12 17:44:57
こんにちはー。

一時期、ドローンに対しては批判的な取り上げ方が強かったですが、最近は随分と行程的という雰囲気になってきました、。やはり、最後には使い方次第。ドローンに限らず、さまざまなものに同様な言い方ができそうですが・・・(笑)
Unknown (イヴォンヌ)
2018-03-12 17:58:22
ドローンの活用方法っていろいろあるんですね~♪
これからどんどん活用法が広がり、便利になりますね)^o^(
ドローン (小肥り)
2018-03-13 18:58:35
撮影の方法のなかに空中撮影というのがあって、狭い範囲の空撮ならクレーン使用という方法があります。
しかし広範囲撮影はヘリコプターでした。でも、ヘリは被写体にあまり接近することができず
高高度から望遠レンズ使用で撮影するしかありませんでした。
ドローンはこの難題を解決しましたね。被写体の3メートル上空から標準レンズで撮影ができる。
すごいことです。

コメントを投稿

お役立ち情報」カテゴリの最新記事