元単身赴任ミドルのブログ foggy

福岡⇒東京⇒鹿児島⇒福岡 単身赴任の旅が終了しました。
マネージャーのみなさんに役立つ情報を発信したいと思っています。

信じるか、信じないか・・・。 【並木伸一郎著 世界を動かすユダヤの陰謀】

2019年12月01日 | お勧め本

トランプさんが、有力な支援者であるユダヤ人に気を使っているという話を聞きま す。信じるか、信じないか・・・。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村
あなたの応援に大感謝です! 
 
そのワンクリックでモチベーションが急上昇します!
(この文字の上を押してくださいね)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

世界を動かすユダヤの陰謀: 人類をあやつる「闇の支配者」たち (王様文庫)
並木 伸一郎
三笠書房

 

■世界の富の


ユダヤ人には、世界の金融の大半を押さえているとか、アメリカの政権に莫大な影響力を与えているなどの噂がありますよね。。

実際の所は分からないのですが、ユダヤ人ってどうにも気になる存在です。


この本は、タイトルにあるように

「ユダヤ人は、世界を裏で支配している」

実態を記しています。

なんと世界の富の9割は、ユダヤ系が押さえているんだとか。(へ~!)

 

アメリカには5大財閥というのがあるそうです。

その内4つは、ユダヤ系。 最大財閥のロックフェラーも、元はユダヤ資本から出発。

つまりアメリカの財閥は全て、ユダヤ系だと。

 

一番の金もうけは何か?

戦争を起こすことと紙幣発行権のある中央銀行を押さえること。

彼らは、敵対する両国に武器を売り、紛争直前に株を売り払い、株価が下落したとこ ろで買い占める。

紛争が終われば、その国の中央銀行に入り込む。買い占めた株で財閥はさらに大きく なる。

こんなことの繰り返しなんだそうです。

(ちなみに航空機のボーイングやロッキードは、それよりも軍需産業が柱。いずれも ユダヤ系財閥の企業だそうです)

トホホの話。

 

 

■日本にも

 

アジアにはユダヤ人の影響はないと思っていましたが、この本では違うようです。

日露戦争。 莫大な戦費をどうやって作るか。

結局、お金を出したのはユダヤの財閥。 そしてこの借金返済は、20世紀終盤まで続いたそうです。(本当かな??)

 

日本の中央銀行・日銀。

ここは半官半民ですが、大手株主は政府の他、天皇家、そしてユダヤ系の財閥なんだ そうですよ。

 

信じるか、信じないか。

どうにも判断がつかない話が満載ですが、興味深い話で面白かったです〜 


■■■最後までお読みくださってありがとうございます!■■■

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村>

大応援をお願いしま~す!

 
そのワンクリックでモチベーションが急上昇します!
(この文字の上を押してくださいね)



コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 外国人観光客だけでなく、労... | トップ | 今年の冬の鍋は・・・? »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (chiro)
2019-12-01 09:08:45
おはようございます。
ユダヤ人、気になる民族ですね。
どこまで真実かわかりませんが、世界の金融を握っているというのは、本当かもしれませんね。
Unknown (イヴォンヌ)
2019-12-01 21:06:27
そうなんだ~ 確かにアメリカではユダヤ系の方々多いですよね。
日本までも影響力持ってるってさすがですね!(^^)!
Unknown (みかん農家)
2019-12-01 21:24:11
戦争にお金がいるので、そういった人たちが絡んでいるというのは聞いたことがあります。
でもすべてがというとちょっと。
応援ぽち2.
Unknown (たっきー)
2019-12-02 07:09:12
ユダヤ系財閥のお話は聞きかじったことがありますよ

でも、天皇家が財閥とは知りませんでした・・・
う~む (小肥り)
2019-12-02 07:35:42
なんとなく、風のうわさで聞いたことはあります。
ここまで具体的な話じゃありません。
ユダヤか………
国家がなくなったのはだれかのせいなんでしょ。
Unknown (にっしー)
2019-12-03 08:58:31
おはようございます。

信じるか、信じないか・・・。なかなか耳にしたことがない情報ですが、遠い国ことだと思っていました。でも、この社会情勢ですからね。なくはないのかなぁ??
Unknown (溶射屋)
2019-12-06 06:42:16
元単身赴任のYHさん

おはようございます。

我々一般人が知らない組織というのが存在していることあるんじゃぁないかと思っています。

コメントを投稿

お勧め本」カテゴリの最新記事