老馬迷言の記(改題 2012.12.16)


 老いてふと感じたことを書いてみたい。
 愚痴にならなければいいが・・・

つつじの花のつき方がイマイチなんです?

2017年06月15日 | Weblog


我が家の庭に、つつじが10本ほど植えてあります。
どうも花のつきの悪いつつじがあって苦慮しています。
写真を残しておき、次年度に備えておこうと思います。

比較的花をたくさんつけたつつじの写真上の写真を含め、3枚を選んでみました。





昨年、花が終わった段階に施肥、雪が降る前にも、雪が解ける寸前にもと、施肥には気を使ったつもりです。
ただ、気がかりなことは三つ・・・
ひとつは雪が積もった上に、除雪をした雪を積み上げて荷重をかけすぎたか
もうひとつは苫小牧の気候が雪が解けた後も、氷づくことがあって寒さやしばれにやられたのか
葉や枝が出てくると切るのがもったいない気がして思い切った剪定をしていないことと剪定の仕方がよくわからないこと
などの原因が考えられます。
いずれにしても、花欠けのつつじじゃ見るのもかわいそう。
何とかしたいが・・・

花欠けのつつじの写真







なかには剪定したつもりのつつじを見ると、変な形になってしまってます。
つつじの選定の仕方を検索してみましたが、花が終わった後早めにするのがいいらしい。
これを参考にして花が終わり次第、剪定や施肥もしたいと思いますが、結果は来年の春でなければわからないので気の長い話です。
毎年少しずつ勉強ということでしょうか。

我が家のつつじたち(スライドショー)


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ようやく春が・・我が家の庭... | トップ | 小樽天狗山にリスを見に出か... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (菫)
2017-06-21 15:07:10
綺麗に咲く躑躅のフォトを見せて頂きました。寒くて雪の多い北海道にも躑躅が咲くのですね。お花が少ない躑躅の原因はさっぱりわからないのですが、お花は毎年の気温の変化に微妙に反応をして咲いたリ咲かなかったり、人と同じようにお花にも影響があるように思えます。
菫さんへ (康次郎)
2017-06-21 17:06:40
コメントありがとうございました。
ここ2、3年、いやに花の付の悪いのがあってどうしたらよいかと悩んでいます。皆さんの意見を聞いて少し研究してみたいと思います。
Unknown (由布)
2017-07-01 14:59:58
私も以前ツツジを植えていたことがあります。
御地と九州とでは、気候にも大きな違いがあり、
よく分からないのですが、
康次郎さんのようによく気をつけて育てていらっしゃれば、きっと次第に花つきもよくなってゆくと思います。
調べてみましたら、お花が終わったら早めに剪定する、
それもあまり強く切り戻さないこと、
肥料は大切ですが、あまり根もと近くに施すと肥料やけを起こすらしいです。
暖地よりも寒地の方がいいともありましたので、
来春を楽しみに、気長くお待ちになって下さいませ。
そして、次には誇らしく、咲き誇るツツジを見せていただけますように。
由布さんへ (康次郎)
2017-07-02 05:47:36
投稿ありがとうございます。
ここ2、3年、だんだん花のつき方が悪くなってきたつつじが3本ほどあります。もうダメかなと思いますが、少ないながらも花をつけている姿を見ていると、何とかしてやりたいとの思いが強くなりました。
どうやら今までやっていたことがやっていやことにならなかったようです。つつじにはよくないことだったようです。
ヒントをいただいたことを大切にしてもうひと踏ん張りしてみようと思います。
いろいろご心配をかけありがとうございます。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事