1/43ミニカー熱き奮闘の記録

さまざまな困難や障害をものともせず、欲しいミニカーを安く手に入れる。その奮闘の記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

作戦名「背中を向けた敵を斬る」

2006-03-13 21:52:27 | Weblog
先日久しぶりにJOKERさんとヤフオク共同作戦を敢行した。

エブロ雨宮アスパラドリンクRX-7 JGTC 2004

上限金額は2300円。これには理由がある。
ネットショップにあるセール品が2394円だから

さて今回は作戦名が先に決定していた。
「背中を向けた敵をきる」

勝利を確信し安心して背中をみせた敵に戦いを挑む。
敵が安心する時間ギリギリになって斬りつける。
そこに発生するのは5分の時間延長。
相手がのってきたらまたギリギリ入札。

そう、今回はあえて泥沼に持ち込むのだ。
普通なら泥沼はさける。しかし、
戦術としての泥沼は実は有効な策である。

何が有効か?それは敵に与える心理効果
「泥沼と言う絶望」である


ラスト10分敵は小刻みな攻撃を別の敵から受けていた。
しかし必ずカウンター。周りに対して意地を見せていた。
こんな安い金額なのに意地を見せるとはなかなかやるじゃん


ラスト10分には小康状態となり現在の入札者も
安心しているように思えた。ラスト1分

「さてそろそろいくか」

ここできめゼリフ

「ライバル不在と安心し、
 背中を向けた敵を斬る・・
 泥沼侍!見参!!!!!!!」

きまった!!!(- -)

敵はカウンターを仕掛けてきた
予定ど~り!!
1分前まで待って、ここでもう一つ決めゼリフ

「人生の厳しさを教えるため
 我が征くはあえて泥沼!!
我こそは泥沼侍なり!!!!!」

2100円になったところで小康状態
私はここでトラップを仕掛けた。

2394円の自動入札をかけた。
破られれば私の戦いは終了。
しかし、敵が破ったとすると2400円になる
懸命な読者はお気づきだろう
このミニカーはセールで2394円なのだ
この時点で私を破ると実は敗北なのである。
ここで敵が引いて終了。

完璧だった。まさに私の計略が見事にはまった。
こんな楽しい戦いにはそうそう会えないだろう。

JOKERさん、感謝です!!

さて、「泥沼侍」はまた現れるのか?????
一説によると12時過ぎには現れないらしい。







コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 作戦名「鉄は熱いうちに打て」 | トップ | 作戦名「捕鯨 ~半笑い鯨(い... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事