西東京市の旧高橋家屋敷林

西東京市の特別緑地保全地区(旧高橋家屋敷林)は、保谷駅のすぐ近くにある典型的な武蔵野の屋敷林だ。

春の花とシロハラ

2018年04月09日 | 植物
盛況のうちに観桜会も終わり、ソメイヨシノの散ったあとは、勢いよくまた葉芽がぐんぐんと伸び、葉を広げ、命の息吹をたぎらせている。地上もまた静かに草花の生命の強さと美しさを競い合っている。


クマガイソウは、ここのボランティアの人たちが力を入れて育ててきたもの。





イチリンソウはニリンソウよりも少しあとに咲き出す。ニリンソウが仲良く寄り添ってほほえましいのに比べると、イチリンソウは孤高を楽しんでいる風情かも。




キエビネはあるが、普通のエビネはないのかな。




野草園から高木ゾーンの入り口にとんだムサシアブミがいくつかある。鐙(あぶみ)を逆さにしたような形からそういう名になった。そのひとつに、仏炎苞の巻き込んで耳のようになったところが、暗紫ではなく緑のものがあった。珍しいと教えていただいたが、家に帰って調べてみたら、我が家のものにも1つだけそういう色のものがあった。アルビノか。




野草園の中のサクラ、御衣黄(ギョイコウ)。緑の花をつける。





シロハラが、ついこの間まで切った竹が置いてあった場所を盛んにつついて歩いていた。脅かさないよう遠方から撮ったので、拡大したらぼやけているが、鳥種は同定はできる。



最後に、屋敷林の後ろの道路を造る時に、あらやしき公園の入り口に移植されたウワミズザクラが咲いていた。
屋敷林由来のサクラだから、載せておこう。
この花が散って実になって熟すると、たくさんの鳥が寄ってくる。
この実を昔の人は果実酒にしたと聞いたので、山のウワミズザクラで試してみたが、おいしくはなかった。というより飲めなかった。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の野草園

2018年03月23日 | 植物
季節はずれの大雪がふり、桜の開花が一時ストップしたが、またまた遅れをとりもどさんと、桜のつぼみは一気にふくらみ、
色とりどりの春の花が、競うように開花している。
この屋敷林の観覧会は4月1日!
その日はぜひとも野草園の花々も見て!!!
夏は木洩れ日のさす花壇となるが、春はまだ木の芽が出ているが葉が出ていないので、日差しをいっぱいに受けて、
春の花いっぱいの、命を謳歌する花壇になっている!!!!







タンチョウソウの花が咲いている。別名はイワヤツデで、花が終わると大きなヤツデのような葉っぱが広がる。
そんな葉っぱなら、もっと大きな花が咲きそうなんだけど、これがまたなんともかわいい花なんだ。




ショウジョウバカマの花。花の付き方が、確かに能の「猩々」の頭を連想させる。





カタクリは今が盛りで、来週の観桜会のときはもう終わっているかもしれない。





シロバナエンレイソウ。別名ミヤマエンレイソウ。三つの花、三つのがく、三つの葉。




ウグイスカグラ。山に行くとよく見かけ、珍しくない花だが、かわいい。
野草園に入る入り口の脇に、植えたものでなく、以前から自然に生えていた。




ニリンソウ。



バイモ。前回来たときはつぼみだったのに、もう咲いていた。





ヒトリシズカ。かわいい。





シロバナタンポポ。野草園では脇役かもしれないが、頑張っているじゃない!
まだまだ頑張って、種を飛ばして、この野草園に居残れよ。



ミツマタ。花も美しいが、木の皮で和紙を作る。




来週の観桜会のときもいろいろ咲いているはずだ。
ぜひ、桜を見に来たら、野草園ものぞいてみてね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の訪れ

2018年03月14日 | 植物


久しぶりに暖かい日が続いていて、屋敷林を覗いてみた。
野草園のカワヅザクラはもう盛りを過ぎているが、今咲いていて楽しめるのは、このサクラだけだ。
こんな暖かい日が続けば、観桜会の日は満開のソメイヨシノやヤマザクラが見られるだろう。
だけどソメイヨシノのつぼみは、まだかたい。



コブシももうおしまいで、そのあとがハクモクレンだが、傷んでしまったハクモクレンは、どれだけ花をつけてくれるのだろうか。






ヤブツバキの花は、いつもは鳥に突かれて、いい花が少ないのだが、今年は花弁が傷んでいない花が多いような気がする。



足元のフキノトウももう少ないが、地面に顔を出している姿は、これこそが春の知らせだ。




きょう見つけた小さい生き物たちは、クモ類とナナホシテントウムシとトラフコメツキ。
トラフコメツキは1cmほどの甲虫。春にしか出現しない虫だから、これこそが春を知らせにきた虫といえる。


野草園では、クリスマスローズ、キクザキイチゲが咲いていた。





ヒマラヤユキノシタも咲いていた。




カタクリは1株くらいが花をさかせていたが、これからとのこと。
バイモもこれから花が咲くだろうが、まだつぼみはかたかった。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の親子生き物観察と工作会2017

2017年08月26日 | 催し物


今年も8月第一土曜日の5日に、屋敷林で生き物観察と工作の会を行った。
年ごとに、参加者の年齢が下がっているような気がする。
にしても、晴れてよかった。






梅雨は雨が降らずに、東京の7月は暑い日が続いた。雨が降らないと、樹液も出なくて、甲虫類も姿を見せなかった。観察会の1週間前から雨が続いて、やっと樹液が出て、甲虫類も樹液を飲みにやってきた。





最初はシジュウカラの巣箱を開けて見た。
ヒナが巣立った巣箱だが、1個だけ孵らなかった卵が残っていた。





屋敷林の中は、涼しいなあ。





今年はカマキリが多かった。カマキリの卵の多くが失われずに孵ったということだろうが……。
タマムシを捕まえたお子さんもいた。





さあ、木の工作だ。どんな木の実を選ぼうかな。




木の輪切りの上に、どんな木の実を載せようかな。





制作途中作品……。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨時の花

2017年06月29日 | 植物


蔵の整理とか、母屋の整理で、中は人の出入りがひんぱんでせわしないが、屋敷林の外側は、梅雨時の花が咲き誇っている。もっとも北側のアジサイは、花も小さいし、数も少ないが、南側の入り口前のウズアジサイは、青に白が混じって、初々しい色に染まっている。以前は赤っぽい色と青だったので、イマイチということもあったが、今年の色は美しい。




今年のオオマツヨイグサは結構な数、生えている。写真を撮ったのが昼近くで少々くたびれた花の形をしているが、この屋敷林の20年くらい前は、たくさん咲いていた。見事な花だ。






1つ2つと花を開き始めたヤブカンゾウ。これも咲き誇ったら見事だが、これも残念ながら一日花だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の生き物

2017年05月29日 | 動物
屋敷林に数個掛けた巣箱が使われているか、気になるところだが、いつも必ず使われている母屋のそばの木の巣箱にシジュウカラが営巣した。親鳥が餌を与えて1週間以上になる先週は、元気に育っているひな鳥の声がしていた。
写真は、エサを与えて次のエサ取りに出陣する親鳥。


屋敷林の外に大きく張り出したエノキの枝をふと見ると、アカボシゴマダラの春型の、白っぽい姿が見えた。
いつまでもそうして、ゆっくり休んでいたようだ。

春になって、いろんな命が動き出した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初春の鳥

2017年01月22日 | 動物



新年を彩るソシンロウバイ。
しばらく強い風が吹き、寒い日が続いていたが、きょうは久しぶりに風がなく穏やかだったので、屋敷林に行ってみた。




丈は低いが、日当たりが良い東の土手の紅梅は、花が満開だった。




ケヤキは、葉を全部落としても、堂々としている。

その木の下にいたのが、モズ。



一瞬だが、姿を見せて、姿を消した。いつもいる個体だろう。



何日か前に門の近くにいたのがアトリ。今年はアトリが多かった。
きょうはすぐ近くのお宅の木で見たが、この季節、まだいるようだ。
もうエサの木の実も少なくなってきているだろうに。




ムクドリ。珍しくない鳥ではあるが……。



東側のエノキでじっとしていたのが、シメ。
いつもはもっと高い所にいると思っていたので、下のほうでじっとしているので違う鳥と思った。


冬の屋敷林の鳥は、屋敷林の外からのほうが探しやすい。
葉の落ちた高木の上に留まって休んでいる鳥が目に付きやすい。
今のうちにたくさん見ておきたいね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋模様

2016年11月29日 | 状況



やっとカエデが紅葉した。ここのカエデと陽光の兼ね合いが美しいのだが、きょうはうまく写真をここに張れない。
いつか自分の目で見てほしい。心癒やされる秋の風情だ。
でも雪のためにあっという間に葉が落ちた。





東側がこういう景色になってしまった。駐車場や家が建ってしまったからだが。
時代と共にこれからどんどん変わっていくのだろう。





南東の角のコスモス。種を食べに、いつもと違う鳥が来ていないかなあ。いつかのマヒワの大群みたいな鳥が……。





落ち葉に寝転がって奥を覗くと、こんな感じに映るのだ。左側がカエデとケヤキがる面。右がビワや竹やぶ。色彩が反転している。





豪快に天に伸びているケヤキ。何本か競って生えている。





このケヤキは遠くから見るとこんな姿。ほうき形で自由な成長。





南のエノキだったと思うが、空に聳えて黄葉して見事!





南から見ると、手前のシダレザクラの紅葉が目立つ。これは屋敷林の外の花壇だ。





北から見るとこんな感じ。シデなどの紅葉もところどころに入っていて、すべて常緑樹でないことがわかる。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイとたくあんー保谷を支えた生産品

2016年11月08日 | 状況


今年で7回目の屋敷林での企画行事。社会教育課と下保谷の自然と文化を記録する会の共催行事。
宵の雨も止んで、秋の木洩れ日の中で、自然を満喫しながら地域の歴史を知る、絶好の催し物になった。




今年はいつものアイにたくあんが加わった。藍玉作りの道具に、たくあん漬けの樽などが展示された。
練馬のたくあん漬けの山義食品の協力をいただいた。





下保谷でも練馬大根の本干し大根から始まって、東京大根まで、戦中まで盛んだった。
今回は関係者の方にいろいろ探しだしていただいて、資料を展示するまでいたっだ。この企画がなければ、おそらく日の目を見ることのなかっただろう、当時の賞状や盾や樽などの資料だ。




大泉の山義さんの社長さんがミニ講演会の講師をしてくださって、わかりやすい興味深いお話をしてくださった。




広場では、例年の子供のための行事も大盛況。
子どものお茶をたてる体験。




どんぐりゲーム。文具の商品も出た。




藍染めも大好評で、200枚もハンカチが出た。一時多すぎて現場はパニックに陥っていたようだが、気に入ったものができただろうか。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の終わりの生き物たち

2016年09月06日 | 動物


赤く色づいたナツアカネのオス。ヤブミョウガで休んでいた。
林はセミの鳴き声であふれていたが、秋はもうひたひたと忍び寄っている。




林の中のオトコエシは、木洩れ日に助けられて、こんなにも白い花を咲かせていた。3本も花が開いていた。




驚いたことに、クヌギの木にはまだカブトムシが数匹いた。最近になって雨が多くなって、樹液がまだ出ているせいかもしれない。
オオスズメバチも来て、樹液を飲もうとした。少しいてすぐ消えた。




いつもの所には、ムラサキシジミがいた。夏は止まった時翅を開いてくれないから、きれいな紫色が見られない。残念!




ミドリヒョウモン。夏は夏眠するというから、目覚めたということかな。




アカボシコマダラのきれいな個体。まるで生まれたばかりのように、翅が美しかった。久しぶりでここで見たかも。




センニンソウの上のシロテンハナムグリ。




東の土手は、アオフジバカマやキバナコスモス、サルスベリの花が盛りを迎えて、虫やチョウを誘っていた。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加