やしまファーム

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

初日の出の反対は、日の入り納め?

2013年12月31日 | 葉物野菜

今日は大晦日。昨日で仕事納めをして、今日は一日お休みでした。
明日から仕事初めですけれどね(笑)
今年、最後の日の入り。綺麗な夕日でした。
終い日の入り?とでも言うのかな?それとも、日の入り納め?

2月から始めた、やしま農園のブログも、皆さまの訪問や、温かいコメントに
支えられながら、更新し続けることができました。
徐々にアクセス数が増えており、皆さまに感謝です。
今年も一年間、お世話になりました。来年もまた、よろしくお願いします。

Img_3124

お雑煮用に、トンネル栽培の小松菜を収穫。
遅くまいたものだから、収穫ができるか冷や冷やしていましたが、
トンネルのおかげでここまで育ちました。
Img_3113



11月20日の記事では、まだまだ小さく、不安だらけの小松菜だったのに、
大晦日に無事収穫!
Img_3107



なます用に、大根とにんじんを収穫。

Img_3096



年越しそば用に、ネギ。
今年は、ネギを失敗して、出荷ができていません。
自家用のみです。
来年は、リベンジネギを用意しています。

Img_3090


ブロッコリーとスティックセニョールも、寒さに耐えながら、すこーしずつ育っています。
昨日の朝は、-5.6℃、今朝は-4.5℃。
一日の1/3の時間は氷点下になっています。

Img_3084

ちょっとだけ収穫。
育ちが遅れていて、自家消費だけで無くなってしまします。

Img_3087

コメント (1)

かがみもち作り。

2013年12月29日 | 陸稲


12月7日に、餅つきの予行演習を行いましたが、その本番をする日がやってきました。
自家製もち米でのかがみもち作り。
上に乗せたみかんは、実家の庭で採れたものです。
Img_2985



今回は、一升のもち米を使いました。
おかげで・・・・自家製もち米ほとんど消費完了!
Img_2976



子供たちは、粘土遊びと勘違い!こねればこねるほど、餅とり粉が
くっついて、餅同士がつかなくなります。
Img_2977



先に、腹っぺらしの子供たちのために、0.5升分の餅つきをして、食べさせてあったので、
後からついた、1升分のお餅は、すべて鏡餅になってしまいました。
柔らかいうちに上に乗せるものだから、いびつな形になってしまいました。だれだ?3段重ねしたのは?
この後、重ならないように並べなおして、再び整形しなおしました。
作りすぎ?一升すべて鏡餅は多すぎたみたいです。
Img_2979



一夜明けて、すっかり固くなった鏡餅。
上にみかんを乗せてもへこみません。
Img_2987

コメント (8)

あまちゃん、年末ダイジェストの為に。

2013年12月29日 | 農作業以外日記

今まで、うちのテレビは、録画ができませんでした。
それでも、不自由は感じませんでした。
しかしながら、30日にあまちゃんのダイジェスト版が放送されるので、
あまロス症候群の妻が、録画をしたいとのことで、今更ながら買っちゃいました。
いや、本当の理由は、30日は自分が出勤の為、リアルタイムで見れないからかなぁ。
Img_2975


買ったのは、パナソニックのこれ。
DMR-BWT550
0.5テラバイトのハードディスクと、2チャンネル同時録画ができるそうです。
しかし・・・小さくなったなぁ。薄さなんて、4cmくらいしかありません。
Img_2967


今までは、10年くらい前に懸賞で当たった、DVDの録画機能付きの、当時では最新鋭の
機械を使っていました。懸賞当選直後に、電気店で見たら、5万円していました。
そのサイズに合わせて手作りのテレビ台でしたが、今回購入したブルーレイディスクレコーダーは、
高さも奥行きも半分サイズでした。
Img_2970

コメント (2)

手作りのしめ飾り。

2013年12月28日 | その他

今年は、正月飾りを手作りすることとなりました。
きっかけは、妻の一言。「自分で作ったら?」
え?えぇ?自分で作れって・・・?
確かに、陸稲の藁があるから、手作りはできるだろうけれど・・・。
検索して、いろいろな作り方を勉強して、チャレンジしてみました。

Img_2944

藁は、来年の夏野菜用に用意してある、自家製陸稲で、
11月2日に脱穀したものです。
Img_2924

選りすぐって、良ものを20本ずつ、3つの束を作りました。
Img_2931

まずは、20本の束を2つ使って、縄を作り、
Img_2932

さらに残りの20本の束を編んでいきます。
Img_2934

編んだ縄の、飛び出た藁を、ハサミで切り取り、円を描くように丸めて、
色々なものをくっつけていきます。
Img_2935




裏山から、緑の葉(名前不詳)、ヒノキの葉、実家の庭で採れたみかん、稲穂がなかったので、ライ小麦の穂を飾ってみました。
Img_2938

最後になりましたが、こちらが参考にさせて頂いたサイト、「畑の毎日」さんです。
http://kusaki.way-nifty.com/mainiti/2007/12/post_b9d9.html

コメント (8)

エンドウさんとソラマメさんのトンネルの中。

2013年12月26日 | エンドウ

エンドウとソラマメの防寒トンネル。
写真の左が不織布で、右は寒冷紗。なんで2種類、違う素材を使ったかと言うと、
値段の違いだけです。
不織布は、10メートルで798円。それを2枚使っています。
寒冷紗は、20メートルで3180円。倍以上の値段の開きがあります。
果たして、効果の程はどれほどのものでしょうか。

Img_2880





こちらは、左側の不織布のトンネルの中です。
右に写っているのは、春菊。そら豆の端に間借りしています。というか、
春菊がまだ終わらなかったので、もったいないからそのまま残してありました。
中央にはそら豆が植わっています。
Img_2881





右側のトンネルは寒冷紗。不織布も寒冷紗も、氷点下が数時間続けば、
トンネルの内部でも霜が降りるみたいですね。
Img_2884





不織布トンネルの、マルチ無しでのそら豆。
霜柱がザックザック。
Img_2876





同じトンネルには、絹さや、スナップエンドウ、実エンドウが同居しています。
こらは、絹さや「ゆうさや」。
葉が赤くなっていますね。
Img_2870





スナップエンドウは、定植時に苗が小さすぎ、根張りが間に合わなかったためか、
水分不足でダメージを受けてしまった様子。
昨日アップした、庭の育苗トンネルのなかの「スナック753」を追加植えしようと思います。
Img_2868





実エンドウは、成績がとても良さそう。
寒さに負けずに育っています。
Img_2862

コメント (2)