やしまファーム

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

たまねぎの苗。

2013年10月31日 | たまねぎ

明日は午後からの出勤なので、午前中は畑仕事が出来そう!
たまねぎ植えの続きができるかな。
左側の写真は、9月22日に蒔いたネオアースで、右側は、同じく9月22日に蒔いた猩々赤。
144穴セルトレイに、1穴2~3粒で種まきしています。

Img_0758

たねまき後、まだ40日くらいなので、定植にはちょっと早いね。
Img_0759

猩々赤も、育ちは同じくらい。
Img_0760

で、問題はこれ。
9月9日蒔きのネオアース。
先日、一足先に定植した、早生のサラダ玉ねぎ 浜育ち同様、葉がまっすぐでは
ありません。
Img_0765

同じ日、9月9日蒔きの猩々赤は、葉がピンと立っているので、
何かしらの病気なのかなぁ?
Img_0768

上から見ると、丸まり具合が良くわかります。
左がネオアースで、右が猩々赤。
Img_0764

コメント (4)

青梗菜、上手く育つかな?

2013年10月30日 | 葉物野菜

昨日の作業。
昨日は変則勤務の日で、11時出勤だったので、出勤前に一仕事。
庭の、トマトの跡地をこまめで耕して、5穴マルチを敷いて、予め育苗していた青梗菜の
苗を植えました。ちょっと遅くなっちゃったかな?老化苗になっちゃっています。

Img_0728

9月26日に、144穴セルトレイに種を蒔いていました。
Img_0729

セルトレイの利点は、先日のたまねぎの時もそうだけれど、
植え付けが楽です。この数の苗を、デジカメの撮影記録から見ると
7分で植えています。
Img_0730

土に指で穴を空けて、そこに苗を押し込んでいきます。
時期的に寒くなってきたので、上手く育つかな?
Img_0731

コメント (10)

まめをまきました。

2013年10月29日 | エンドウ

まもなく11月。
11月になると、やらなきゃならないのが、まめまき。
節分ではないけれどね。エンドウ系とそら豆の種まきです。
今年の冬は、12月になると急に冷え込むらしい。
昨日のニュースで言っていた。それなら、豆も少しでも早く種まきして、
急な寒さが来る前に大きく育てておかなければ、冬越しが出来なくなってしまう。
そら豆も、エンドウ系も、大きすぎず小さすぎずが、上手な冬越しの仕方です。

Img_0721

「ゆうさや」と「スナック」の種についている色は対照的です。
144穴セルトレイに1穴1粒ずつ種まきしました。
Img_0723

実エンドウの種は無着色。こちらは、6×6トレイに2粒ずつ蒔きました。
種が足らず、10穴にゆうさやを紛れ込ませました。
Img_0727

1穴2粒の方が、定植時に楽なのかなぁ?
Img_0726

そら豆は、今年初体験の自家採種した種です。
そら豆の種は高いなぁ~って思っていたのですが、
今年は自家採種に初挑戦しています。芽が出るか不安いっぱい!
Img_0713

そら豆の種まきは、蒔くというより挿すという方が感覚的に近いかな。
Img_0714

横から見るのと、
Img_0716

縦から見るのでイメージが違います。
Img_0718

コメント (6)

早生玉ねぎの植え付け。

2013年10月28日 | たまねぎ

今日、3本目の記事。休みの日に、久々に朝から晴れなので、うれしくって
作業しまくりでした。玉ねぎのために、こまめちゃんで耕して、5穴マルチを張って、
9月8日にセルトレイに種まきした早生の「サラダ玉ねぎ 浜育ち」を定植しました。
種まき後50~55日後が定植の適期ですが、苗がだいぶ育ったのと、葉が丸まってしまう
ような、なんとなく変な兆候があったので、思わず植えてしまいました。

Img_0690

セルトレイで育てていた、早生のサラダ玉ねぎ 浜育ち。
なんとなく、葉先がくるんくるんとしています。
Img_0684

赤玉ねぎの「猩々赤」は、まっすぐなんです。
同じように、晩生の黄玉ねぎ「ネオアース」も葉先がくるんくるん。
何かの病気かな?それとも、種まきが早すぎて、育ちすぎかな?
後からずらし蒔きしたネオアースの葉は、まっすぐなんです。
Img_0682

赤玉ねぎ、猩々赤。
どこかにネキリムシが入り込んだ様子で、ところどころ切り倒されています。
Img_0681

こちらが、今日定植したサラダ玉ねぎ 浜育ち。
根元がぷっくらと膨らんできています。
Img_0649

セルトレイ育苗の最大のメリットがこれ。
トレイから抜いて、そのまま植えられるんです。
指で穴を空けておき、その穴に落とし込むだけ。
Img_0685

こんな感じに綺麗に収まります。
Img_0686

根元にちょっとだけ土を被せて、指先で軽く鎮圧。
生長点には土が被らないようにします。
Img_0688

数を数えたら、200穴セルトレイ2枚分で、305本の苗を植え付けました。
ネキリムシの被害やら、芽が出なかった穴やらで、約100穴分は使えなかった計算に
なります。育苗率75%といったところですかね。
Img_0690_2

コメント (4)

ライ小麦の種まき。

2013年10月28日 | 

夏野菜の敷き藁として活用しているライ小麦。
自家採種しています。
今日のために、せっせと地道に脱穀していました。

陸稲を収穫した跡地に、50cm間隔でスジ蒔きしてみました。
60cm位の方がよかったかしら・・・?

Img_0668

ジップ袋いっぱいの種が採れていました。
Img_0666

紐を張って、まずは紐の上を踏んで鎮圧してから、
その上にばらばらとスジ蒔きにしました。
幼稚園から帰ってきた息子がお手伝い(?)。
Img_0670

足跡に沿って、スジ蒔きです。
Img_0671

その後、種の上に少しだけ土をかぶせて、再び踏んで鎮圧。
18m×4列の麦蒔きしました。
Img_0674

袋いっぱいだった麦の種が半分くらいになりました。
残りは、どこに蒔こうかな?
Img_0679

コメント