やしまファーム

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

耕運作業。

2013年09月30日 | その他

夏の盛りが過ぎて、トマトも終わってしまった。
いやぁ、寂しい。夏野菜が終わって、撤去する作業が一番悲しいです。
トマトの枝を撤去した状態です。
割れたり、腐ったりしたミニトマトがたくさん落ちていて、来春に芽を出しそう!

Img_1307_2

マルチフィルムを剥いだ状態。
スコップ片手に、深く埋まったフィルムを掘りながら剥がしました。
18m剥がすのに10分ほど。
Img_1326

ぼかし肥料を1袋蒔いて元肥にします。
Img_1330

こまめで耕運。
次は、育苗中のたまねぎを予定しているので、
しばらく寝かしてから、5穴マルチを敷く予定です。
Img_1333

コメント (2)

赤たまねぎは、発芽も赤い。

2013年09月29日 | たまねぎ

2度目のたまねぎの種まきとして、9月22日に144穴セルトレイに1穴3粒くらいずつ
種まきをしていた。
管理は、前回同様に芽が出る直前まで別のトレイをかぶせて、乾燥を防止していた。

赤玉ねぎの「猩々赤」は、芽が出てすぐに、芽が赤い。

Img_1299

こちらは、ネオアース。
まだ光合成が不十分だからか、黄色いが、 ↑ の猩々赤に比べると、普通の苗に見える。
Img_1298

多粒蒔きで、1穴3本くらいで育てる予定。
Img_1297

変わって、9月9日まきの「猩々赤」。
根元がほんのり赤いのがわかりますか?
Img_1304

猩々赤の全景です。
Img_1303

こちらは、9月9日蒔きのネオアース。
遠目には、猩々赤も、ネオアースも変わりません。
Img_1305

コメント (4)

大根の間引き。

2013年09月29日 | 大根

9月9日蒔きの大根。3粒ずつ種まきして、発芽不良だったり、ネキリムシにかじられたり
したけれど、だいぶ大きく育ってきたので、とりあえず2本に間引きしてみました。
本当は、もう1本にして良い大きさだけど、数日前にもネキリムシに倒されたところ
があったので、もう少しの間、保険として2本で育ててみます。

Img_1347

間引き大根。食べればいいんだろうけれど・・・。畑に置いてきちゃいました。
Img_1354

写真の手前の欠けているところが、数日前にネキリムシの被害にあったところ。
Img_1351

22日に蒔いた大根は、ようやく発芽。
昨日は一つも芽が出ていなかったが、
今朝には揃って発芽していた。
Img_1323

これからの大根は、ネキリムシもシンクイムシも被害が少な目だった記憶が。
けど、これ以上遅く蒔いても、寒さのためにまともな大きさに育たないので、
9月中での種蒔きが限界かなぁ。
Img_1325

コメント (2)

白菜の定植。

2013年09月28日 | 白菜

前回紹介した白菜の苗は、結局、枯れてしまったりで使い物にならなかった・・・
はぁ。ブロッコリーに続き、白菜もだめでした。

白菜は、バックアップ用に新しく種を蒔いていたので、
それがそろそろ植え付け時。
失敗したニンジンの生えそろわないところに植えつけてみました。

Img_1241

根が回っていて、これ以上セルトレイに置くと、老化が始まりそう。
Img_1242

ショベルで穴掘って植えつけました。
Img_1246

コメント

井戸ポンプ修理。

2013年09月28日 | その他

井戸ポンプの継手(?)が腐食してしまい、木玉が動いてしまって
まともに水をくみ上げられなくなってしまった。
左のピカピカの物が新しく買ってきたもので、右が使用開始4年過ぎたもの。

Img_1161

金属の引っ掛かりを溶接してあって、木玉を動かないように固定させるんだけれど、
腐食して小さくなり、木玉が上下に動いてしまうようになった。
Img_1160

新しい物は、ひっかかりがしっかりしている。
Img_1159

これくらいの物なのに、なんと高価な!
Img_1162

木玉をこのようにセットして、裏からナットで固定します。
Img_1165

外した状態はなんだか間抜け。
Img_1169

新しくセットして、
Img_1172

呼び水を入れてガチャポンと動かして、水があがってきます。
Img_1177

井戸を掘ってもらった後は、台座から何から自分でセットしたので、
ガチャポンの修理もお手の物です。
木玉交換も昨年に一度行っていますが、
木玉だけでも3000円超えます。
けど、この井戸のおかげで、水やり用の水道代がかからず、助かっています。

コメント (2)