やしまファーム

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

堆肥作り。

2013年02月28日 | 肥料、堆肥

昨年の4月より、自家製堆肥を作り始めた。今回で3回目の堆肥作りです。

よく行くホームセンターのコイン精米の1か所に、籾摺りがあり、廃棄物としてのもみ殻が

無料でもらうことができる。無料!タダ!これを大いに活用させてもらっている。

頂いてきたもみがらを、にわとり小屋の床に敷いてもいる。

今朝の最低気温は、-1℃。写真を撮った時間がおおよそ1℃くらいだが、堆肥を

かき混ぜると、一気に湯気が上がった。

Dsc03074_2

1月の下旬に、もみ殻と、米ぬかを混ぜ、ジョウロで水をかけて湿らせて、途中に2度ほどかき混ぜている。

昨年の夏場に堆肥を作ったときは、にわとりの鶏糞を入れたら非常に臭く、1週間くらい周囲が匂っていました。

それ以来、鶏糞はコンポストに入れて単独で発酵させています。

かき混ぜる前はこんな感じ。↓
Dsc03068_2

かき混ぜると、湯気!湯気!
Dsc03069

まんべんなくかき混ぜて、真ん中を軽く盛り上げて、ビニール(購入した堆肥袋を開いたもので再利用)をかけ、飛ばないようにベニヤ板を載せて、発酵を促します。

Dsc03077


Dsc03078_2

堆肥作り所は、ベニヤ板を90cm×90cmに切って、ビスでとめて作ってあります。

コメント

ゆずを植える。

2013年02月28日 | 果樹、樹木

前から、自宅でゆずが収穫できたらうれしいなと思っていた。特に、ゆず。

白菜漬けにゆず味噌、あとは・・どのように食べよう。とにかく、ゆずを植えました。Dsc03134_2


娘は、学校から帰ってきてゆずを見るなり、トゲが嫌いと走って逃げてしまいました。

Dsc03126_3
確かに、痛い!

ってなことで、切ってしまいました。トゲを切っても成長に影響はないのかな?

Dsc03127_8

今年は、2月2日に、梅と

Dsc03136

柿を植えてみました。
Dsc03138
それぞれ、収穫まで何年かかるのでしょう。

↓この3種類です。

Dsc03147

コメント

たまご、見事回収!

2013年02月28日 | にわとり

にわとり小屋の裏のたまご回収BOX。
今日は無事に回収できました。

先日の記事でお伝えした、3階の産卵部屋の裏側です。

Dsc03116


Dsc03117_2

以前に、ウッドデッキにたまごを置きっぱなしにしたら、カラスに持ち去られたことがあるので、

回収BOXの上には、ベニヤ板の切れ端が載せてあります。

コメント

トンネル栽培の芽が出た!

2013年02月28日 | かぶ

2月17日に、カブ、ほうれんそう、大根、べんり菜、にんじんの種をトンネル内に蒔きました。

中を覗いてみると、にんじん以外は綺麗に発芽しています。

Dsc03059_4


↓<2月17日の種まきの様子。>↓

耕して、70㎝の畝を立てて、平らにならし、支柱を使って12cm間隔にスジをつけて、

130217_113207

スジ蒔きしました。大根だけは、25cm感覚で点蒔き。

12cmでは、少し狭い気もするが、どうなるやら。
130217_115022

種まき後は、水をやり、トンネルをかけておきました。

130217_121744







コメント

ひよどりめ!

2013年02月27日 | その他

おはようございます。今朝は雨か雪の予報でしたが、窓の外を覗くと・・・・(6時20分の写真です)

ヒヨドリ?ひよどり。雪ではなく、雨でした。その雨も昼過ぎにはあがり、夜には霧が立ち込めてきました。

Dsc03013_7

毎年、1月~3月くらいまでは、畑や庭が、ヒヨドリの被害にあいます。

今日のひよどりは、ウッドデッキの下に住んでいる(?)飼い犬「ワン」のエサを狙っている様子です。他の菜園家さんは、今の時期、シジュウカラやジョウビタキなど、かわいい鳥をアップしているのに、うちはヒヨドリかい。

この時間はエサ皿が空なんだけどね。お腹が減って、確認に来たのかな?

普段観察していると、警戒からか、写真のように、まずはウッドデッキの手すりにとまり、

あたりを観察し、安全を確認すると地面のエサ皿まで降り、ドッグフードを1個咥えてすぐに手すりに戻り、手すり上で犬のエサのみ込んでいます。

犬のエサは食べきれる量をと一般的に言いますが、バカな犬で、エサを与えても少量を残しておいて、後で食べる癖があります。

Dsc03014
(下を覗いて、エサ皿確認中)

先日は、徐々に外気に慣らしていたキャベツの苗をかじっていました。

位置関係的に、↓の場所に保温用衣装ケースが置いてありました。

Dsc03016_4

(下の、白っぽいものが、育苗用の衣装ケースのフタです。あえて寒さにさらすために蓋を外していたら、中に入って、キャベツの苗の葉を食べていました。

↓1月上旬の写真ですが、畑でのヒヨドリの被害です。12月中に頂花蕾を収穫し、側花蕾を楽しみにしていたブロッコリーとスティックセニョール。

ヒヨドリに食べられて丸坊主。多忙で年末に2週間、畑に行かない間に、こんなになっていたぁ。

早めに糸張っておけばと後悔。

130112_121709_11

このブロッコリーとスティックセニョールも、直後にひもを貼って、鳥よけをして様子を見たが、

徐々に弱っていき、回復の兆しがないので、2月24日に撤去し、耕してしまいました。

コメント