やしまファーム

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

食べごろのお味噌。

2017年11月01日 | 味噌

11月1日

仕事から帰るなり「味噌がな~い」と妻の声。仕方ない。やるか!
2月19日に仕込んだ味噌を引っ張り出してきました。


フタを取ると、なんだか増えている?
5月のお手入れ時に比べると、カサが増した様子です。
発酵が進んだからでしょうかねぇ。


表面に張ってあったラップを剥がし、


ラップの隙間で空気に触れていた部分のカビをスプーンでそぎ落としました。
こちらは、細目で大豆を挽いた味噌。
粗目で挽いた味噌と、違いはよくわかりません・・・。
味噌汁にして実食すれば違いが分かるかな?
機会があれば食べ比べも紹介したいと思います。


妻にタッパー1つ分の味噌を渡し、さらに小分けにしておきました。



コメント

熟成が進んでいます。

2017年07月16日 | 味噌

7月12日


1月15日に仕込んだ味噌。
5月にお手入れを紹介しましたが、その後2度、小分けにして、消費していました。


前回分が消費しきったので、更に小分けにして、冷蔵庫へ。
ミニカップは直売小売り用です。

コメント

お味噌のお手入れ。

2017年05月28日 | 味噌

5月26日


1月15日に仕込んだ味噌と、2月19日に仕込んだ味噌。
仕込み後、温度差の少ない場所で寝かせてありました。
俗にいう、放置ってやつですね(笑)
例年、梅雨入り前にお手入れをしていたなぁーって思いだし、
引っ張り出してみました。


表面にラップを張って、空気を遮断していましたが、
端の方はどうしてもすき間ができてしまい、空気と触れてカビが生えてしまいます。
今回のお手入れは、このカビを取り除くことが目的です。


ラップを剥がしました。
端にカビが発生しています。このカビは、味噌作りでは仕方がないこと。


スプーンを使って取り除きました。


こちらが、取り除かれたカビ。
カビと言っても、発酵が進み過ぎた味噌と言った感じですかねぇ。


再びラップをぴったりと貼り付けて、もうしばらく寝かせます。

コメント

味噌仕込み第2弾。

2017年02月21日 | 味噌

2月19日



今年2度目の味噌の仕込みを行いました。
今回は、
大豆 3kg
麹 3kg
塩 1.2kg
の分量です。
この分量の大豆だと、家にある鍋では1回で茹でることができます。
前回までは、鍋の大きさの都合、2.5kgずつ2回に分けて茹でていましたが、
今回は1回で終えることができる量にしてみました。
また、今回からは味噌を挽くミンサーの目合いを細かい物してみました。

こちらが、ミンサーの出口の目合い。
左が今回仕様した細目で、右が今まで使っていた荒目。
挽きが細かいと、出来上がりにどのような違いが出るか。


予め塩切り麹を作っておいて、


挽いた大豆と混ぜ合わせます。
詳しくは前回以前を参照ください。


手順をだいぶ飛ばしてありますが、
10号樽に詰めて、ラップをしてあとは寝かせるだけ。
上記の分量で、約10kgの味噌になりました。

 

コメント

麹屋さん紹介。

2017年01月29日 | 味噌

1月28日


味噌作りでいつもお世話になっている麹屋さん。
自宅から車で30分ほどの所にあります。


玄関はこんな感じ。
事前に電話をしておくと、用意してくれています。
生麹、1kgあたり950円ナリ。
予約なしでも、真空パックの在庫があれば、1kg1000円で
手に入れることができます。

コメント