やしまファーム

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

ニンジン、ちょっとだけ塩害かな?

2018年10月10日 | にんじん

10月10日

前回の紹介から約半月。
下の土が見えないくらい、葉がしっかり育ちました。
でも、よく見ると・・・。


南東の、端の部分の葉が少しだけ茶色くなっています。
台風24号の塩害の影響だと思われます。
東京湾からは60kmほど離れたところに位置しますが、
このあたりでも台風通過後、車の窓が白く、塩を吹いていました。


ちょうちょの幼虫が・・・。
かわいそうだけれど、指で弾いて「飛んでいけー」しました。


コメント

ちょうちょ~、ちょうちょ~。

2018年09月24日 | にんじん

9月24日

1週間ほど前に追肥中耕をしたニンジン。
なにやら飛来物が・・・。


葉に止まって、お尻をこすりつけています。


そろそろ、こいつらの来る時期か!?
空を優雅に飛ぶ姿を見るのは美しいですが、
この辺りを飛ぶ姿は、美しくは見えませんね。


コメント

ニンジンの追肥・中耕。

2018年09月18日 | にんじん

9月18日


8月30日に除草作業を行った後、一気に生長した様子で、
綺麗な緑色になりました。


筋間の土が、硬くなってきました。


ぼかし肥料を追肥しながら、中耕します。


ばらまきして、


筋間を中耕。鎌を使ってガリガリ。
学校帰りの息子が、手伝ってくれました。


中耕を兼ね、込み合ったところを大雑把に間引いてみました。


こちらが間引いたニンジンの葉。
ちょっと、もったいない感じもしますが健全な生長のために、
間引きは必要な事なのでしょうねぇ・・・。
人間の生存には、間引きはできませんが。

コメント

ニンジンの除草。

2018年09月01日 | にんじん

8月30日

8月6日にまき直しを行ったニンジン。
種まき後、お手入れしていなかったため、雑草が目立ちはじめました。
ニンジンの初期生長は遅いので、草に負けないようにしなきゃ。
このあたりは、裸種子の千浜。
手前(写真外)には、コート種子のベーターリッチの種まきをしていましたが、
生長が思わしくありません。発芽までは順調だったのに、
発芽後の高温の影響か、少しずつ消えてしまったようです。


筋まきで、発芽直後は混みあって間引きが必要かなって
感じでしたが、暑さに負けたのか勝手に消滅して、
丁度よい株間になったみたい。
草が多くて、どれがニンジンかわかりませんが、



チマチマと手で草抜きしました。



約5㍍分、草抜き完了。
次は、筋間をガリガリ中耕しようかな。



ちなみに、こちらが発芽後に消えたベーターリッチの区画。


見渡しても、雑草ばかりで、ベーターリッチの芽は数えるほど。
もう一度、リセットしちゃおうかなぁ?
ベーターリッチ、700粒の種があったはずですが、残っているのは数十本です。
10㍍程の区画に数十本なら、リセットしてしまってもいい気がしてきました。

コメント (2)

リベンジニンジンが発芽。

2018年08月14日 | にんじん

8月13日


8月6日にまき直しを行ったニンジン。
この写真ではわかりづらいですが、しっかり芽が出ました。


こちらは、コート種子のベーターリッチ。
予め5㎝間隔くらいで種まきしていたので、こうしてみると
芽がほとんどわかりませんが、


近づいてい見ると、点々と発芽しています。


こちらは、裸種子の千浜。
上から見ても、筋状に芽が出ているのがわかります。
ちょっとまきすぎたかな?間引きが必要かもしれません。


近づくと、この通り。
今回は、雨の恵みのおかげで発芽成功です。





コメント