やしまファーム

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

モロヘイヤを撤収。

2018年11月07日 | モロヘイヤ

10月31日

1か月前に台風の被害を受け、葉がズタボロになり収穫を見合わせていたモロヘイヤ。
1か月放置した影響で、手の付けられないような状況に。


実がこんなについています。
最後の収穫は9月下旬でした。
ずらしまきで育てても、限界は9月下旬から10月上旬くらいだったみたいですね。


抜いて、マルチを剥がしました。


こちらは、抜いた残骸。
しばらく干しておいて、冬になったら野焼きでもしましょうね。


コメント

モロヘイヤの世代交代。

2018年09月10日 | モロヘイヤ

9月10日


モロヘイヤの第2弾が旺盛に育っています。


花芽は、まだ少なめ。
全く無いわけではありませんが、ほとんどありません。


秀品が収穫できています。


こちらは、第1弾。


第1弾は、花芽が目立ってきました。
第2弾の株が大きくなり、収穫がシフトしたので、
第1弾はお役御免。収穫打ち切りにします。


コメント

モロヘイヤに花芽が。

2018年09月03日 | モロヘイヤ

9月1日


モロヘイヤ、第1弾。
6月上旬から約3か月にわたって収穫を続けていましたが、
そろそろ打ち切るときが来た感じ。


短日植物であるモロヘイヤは、株の充実と、日長が短くなることで
花芽を形成するみたいです。
シジミチョウが黄色い花に誘われて、やってきました。


全ての芽ではありませんが、このように花が咲き始めました。
モロヘイヤの種には、毒があると言われているので、
花芽を作るようになったらそろそろおしまい。


そのために育てていた第2弾。
8月中旬より少しずつ収穫を開始しています。


昨年に、モロヘイヤはずらしまきが効果的との実証結果が出ています。
この通り、花芽を形成する気配は、まだまだありません。
モロヘイヤ第2弾は、いつまで楽しめるかな。



コメント

モロヘイヤ、第2弾の収穫開始。

2018年08月15日 | モロヘイヤ

8月13日

7月24日に定植をしたモロヘイヤの第2弾。
この時期は、生長が早いですねぇ。


スマホで撮影したものだから、光とびしているような写真で
見づらいですが、主枝がぐんぐん伸びました。


モロヘイヤは、主枝を収穫して、
側枝の発生を促すとよいので、
主枝を収穫してみました。


こちらは、6月から収穫を続けている第1弾
ピークを迎えていますが、そろそろ花芽を形成しはじめる頃です。
第1弾の収穫ができなくなるころに、第2弾のピークが来る予定。


第1弾の第2弾との収穫物です。





コメント (2)

モロヘイヤ、第2弾の定植。

2018年07月25日 | モロヘイヤ

7月24日


7月6日に種まきをしたモロヘイヤ第2弾。
暑すぎた日が続いたので、定植が出来ず徒長苗になってしまいました。
昨年の実証実験で、花芽の形成を遅らせるにはずらしまきが効果的だったので、
今年も、第1弾と第2弾とに分けて、ずらしまき作戦です。


オクラの南側に用地をあらかじめ確保してありました。


定植後、カラカラの畑だったので、自分としては珍しく水やりしました。


徒長気味ですが、これくらいならどうにか育ってくれると思います。


コメント