食べて、笑って、旅をして

ニュージーランドにいたときに書き初め、いまではテーマはいろいろ。旅、グルメ、高知、鳥、ダイエット、英語。徒然思うこと。

エアコンが壊れて、断捨離

2020-08-29 | Living

コロナの影響で5月から1ヶ月の予定だった在宅勤務は、6月から週2回オフィスに出勤する以外は引き続き在宅となり、8月からは週1回のみ出勤、つまり週4日は在宅勤務に。

通勤がなくなるというのは、思いのほか、快適だった。

だけど、部屋は快適とは言えない空間だった。

岡山、ニュージーランド、千葉、東京と数年ごとに行っては戻りを繰り返していたため、そのたびに荷物は増え、片付かないままの部屋。

でも、平日は仕事、週末は出歩くのであまり部屋にこもることがなかったため、ま、いいかと見ないふりをしてきた。

でもこのコロナ。

そこで、一念発起!

といいつつ、、、今回このコロナの影響で在宅勤務になって、快適な空間にしたい、と思ったのもあるけれど、それならもっと早くやっていたはず。

もう4ヶ月もたって重い腰をあげたのは、エアコンが壊れたから。

というのも、、、、

8月に入って、PCの熱のせいか、部屋がちっとも冷えない、暑い・・・風は来ているけど、冷たさは感じない。

設置して4年と少しだったので、5年保証入っていてよかった!と購入した電機店に行くと

「それは、エアコンの掃除をしたら格段に冷えますね」と言われ、業者によるクリーニングを促される。

え、今までずぼらな私が掃除する程度でどのエアコンも冷えなくなるってことなかったですけど、、、、

けれど自信たっぷりに「修理に出しても壊れてないって言われますよ」と言われる。

半信半疑で業者クリーニングを頼むも、解せない。5年保証使わしてくれないの、、、?

やはり納得がいかず、いろいろ調べ漁った。

直射日光にあたっていた室外機を遮光シートで陰にしたり、水にぬれたタオルをかぶせたり(YouTubeで見た)

最終的に、冷えない場合の機能チェックができるボタンがあることがわかり、それを実施してみると、

「冷媒ガスの不足。修理を依頼してください」のアラーム音が鳴った。

ほら、やっぱり壊れてるんやん。これじゃ業者にクリーニングしてもらったところで意味ない。

早速電機店に連絡し、クリーニングをキャンセルして修理を頼んだ。

4日後、状態チェックに来てくれて、空気を冷やす「冷媒ガス」がない、とエンジニアさん。

その日はいったん冷媒ガスを充填してくれて、後日、部品を入れ替えて修理をする、ということに。

総替えなので、エアコンの下に置いていた棚を寄せ、作業の邪魔にならないようにモノをのける。

改めて、見回すとなんてmessyな私の部屋。

本棚には本以外のものもたくさん。

「よし、モノを動かしたついでに片付けよう!!!」

と一念発起したわけである。

いままで断捨離をしたことはあったけど、あんまり変わらなかった。

でも、このコロナで自分の消費意欲やいろんなものの感覚が変わったこともあり、だんだん進めていくことができた。

目指せ、シンプルライフ。

毎日仕事が終わって少しずつ、週末にまとめて、を繰り返し、ようやく完了。

エアコンが壊れなければ、いや、コロナによる在宅勤務にならなければ、こうはできなかったな、と思う。

3月から家族に仲間入りしたセキセイインコのマルコとも仕事の合間に会える幸せ。


この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 14年ぶりに仲間入り | TOP | コロナ禍だから »
最新の画像もっと見る