Shirakuのモノローグ

矢坂芝楽の日々あれこれを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「死神」ライブパーティー

2017-05-30 23:55:28 | RONIN



ひこね演劇鑑賞会第96回例会「ミュージカルコメディ『死神』」の運営サークルを盛り上げようと企画した「死神」ライブパーティー。

わたくし矢坂は鑑賞会の会員であり、今回の運営サークルであり、そして出演グループの一組である「RONIN」のボーカルでございます。

今宵、最後の練習を終えました。



かつてバンドで唄い慣れた曲もありますが、久しぶりに唄う事と、初めて唄う曲がこりゃまた難しく、不安と緊張感に包まれております。
ですが、本番当日は必ずやってくるものです。



練習不足などと言い訳は出来ません。
精一杯、唄うのみにございます。

会員以外の方にも来て頂き、鑑賞会や「死神」の魅力を伝えつつ、笑顔で多くの新入会員と共に例会当日を迎えるべく、何としてでも盛り上げたいと思います。



6月4日(日)。会場は彦根市後三条の「ペイ∞フォワード」。
18時スタートでございます。
我が「RONIN」がオープニングを務めさせて頂きます。

こういうイベントでのオープニングの重大さは重々承知しております。

多くのご参加、お待ち致しております。
コメント

中山道をゆく10(野洲~守山宿)

2017-05-29 23:15:39 | 旅日記(県内)
旧街道を歩く事を始めてから3年目に入りました。
最初は勢いがあって、ガツガツと各街道各方面へ歩きに行っておったのですが、諸々の事情もあり、昨年は全く歩けておりませんでした。
今年もあまり環境的には変わりませんが、隙を見つけて再開致しております。

時間が少ない中で今年はひとつずつ攻めていこうと思い、先ずは滋賀を通る中山道から終わらせてやろうと。
それで、関ヶ原から野洲まで繋げておるものですから、先日は野洲から守山宿まで歩きました。



武佐宿を過ぎてからというもの、目に映るものと言えば、殆ど山と田んぼばかりでしたが、野洲に入ってからようやく賑やかになってまいりました。



自然と歩も進んでいきます。



野洲川を渡りますと、ほたるの湯というスーパー銭湯がございまして、ひとっ風呂と誘惑に負けそうになりながらも時間がない為、先へ進む事に。

やがて守山に入りますと、久々の宿場町。
その間にあった小さな加宿ではなく、本宿でございます。



かつて京から旅を始めますと、途中にある草津宿を過ぎて、先ずはこの守山宿で宿をとったらしいとの事。



このまま東海道と合流する草津まで……といきたかったのですが、ここでタイムアウト。



この先、草津、大津を過ぎれば、いよいよ京都。
ワクワクしてまいりました。
コメント

「死神」第3回運営サークル会議

2017-05-28 23:25:01 | ひこね演劇鑑賞会
昨日は3回目の運営サークル会議でした。



木曜日の昼と夜も行われたのですが、そちらには僕は参加出来ませんでしたが、昨日は6サークル9名の参加で、まあまあやんややんやと話しも盛り上がりました。

木曜日にあがった中間目標の話を受けて、この日も「よし!」とそこへ向けて声かけをしていこうと、参加会員皆の気持ちがひとつになった様に思います。

一日一日を大事にして、例会当日を迎えたいと思います。

さて、話は変わりますが、運サ会議の後にはすずまるの打ち合わせがありました。
詳しい事はまだ言えませんが、いよいよ動き出します。
今年の9月で10周年を迎えるすずまるです。
頑張っていきたいと思います。
コメント

初めて(和歌山・岩出 根來寺)

2017-05-26 22:43:36 | 旅日記(県外)
先日の土日、演劇鑑賞会近畿ブロックの集会で和歌山に行っておりました。

僕の記憶が正しければ、和歌山に足を踏み入れましたのは初めてであります。
初和歌山でございます。

これまで行かなかった事に、特に理由はありませんが、車を持たぬ身なれば、電車で行くにも乗り換えもあり、何となく遠い気がして……

で、1日目はガッツリ終日交流集会でしたが、2日目は午前中で終わり、後は観光……
とは言え、帰る時間も考えれば廻れる場所は限られており、近くで「ここぞ」という場所……ありました。
「根來寺」でございます。



平安時代、興教大師による開山だと聞きましたが、安土桃山時代に殆どの伽藍は焼失しております。
現在残っている法堂の数々は、江戸時代に復興されたものでございます。

にしても、国や県の指定文化財にされているものばかりで、見事でございました。



中でも戦国時代に建てられ、国宝となっている大塔は、木造建築では日本最大と言われております。



わりと「根來寺」だけでお腹いっぱいになるものでございます。

ですが、和歌山と言えば、やはり高野山。
いつかは行ってみたいものです。
コメント

活動交流集会

2017-05-23 22:12:44 | ひこね演劇鑑賞会
暑い日が続いております。
我慢出来ず、ついに今日は冷房のスイッチを入れてしまいました。
電気代がもったいないので、早く扇風機を買おうと思います。

さて、先日は近畿演鑑連の活動交流集会が和歌山でありまして、僕も参加させて頂きました。

2日間にわたって行われまして、1日目は“新劇”についてのシンポジウムで、ひじょうに良い話を聞かせて頂きました。

これまで新劇という部分を、新たに入会した会員に話す場合においても、これまでの鑑賞運動の歴史からでしか話が出来なかったのですが、パネラーとして話をされた劇団の方々のそれぞれの思いを聞いて、それをそのまま伝えれば良いのなかと思えた次第でございました。

特に印象的であったのが、H氏の新劇に対する思いと、そこへ向かって現在芝居作りをされている話が聞けた事でありました。

2日目では、近畿各団体が運営サークルの話をされ、苦しんでいる部分はどの団体も共通しているのだなと。

鑑賞運動の灯を消さぬ為、ひこねも前を向いて進んでいきたいと思います。

2日目は午前中で終わり、後は帰るだけでございましたが、僕自身は生まれて初めての和歌山。なので、大好きな寺社廻り。
「根来寺」に行って来ました。



その事については、また後日に。
コメント