Shirakuのモノローグ

矢坂芝楽の日々あれこれを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

実習 その2

2016-05-23 21:47:09 | 日記
今日は、6月から勤務する職場の2回目の実習でした。

諸々の事情もございまして、その内容を書く事は出来ませんが、何と言うか…
前回以上に大変さは実感致したのですが、それよりも何よりも、人との触れ合いの温かさというものを、今日は特に感じた次第でございます。

そして6月1日から勤務する事が正式に決まりました。

中々と上手くいかない事もあると思いますが、この職場で頑張っていきます。

と、清々しい気持ちで帰路についたわけですが、そんな時ほど何かが起こるもので、何と…何と…帰宅途中でバイクが…

ここ最近、調子が悪く、修理に出そうと思っておったのですが、その前に…

嗚呼…嗚呼…

今回は更に修理代がかかりそうです。

嗚呼…嗚呼…

明日の出勤は歩きですな。

気持ちは上がったり下がったり。
しかも何やねん、今宵の月の色は!



もう!
コメント

社殿が美しい(大阪・大阪天満宮)

2016-05-22 23:28:08 | 旅日記(県外)
本日は大阪へ行ってきました。

大阪は1年ぶりでございます。

先日TV番組で大阪天満宮の事を紹介されていて、それを見てからずっと行ってみたいと思っておったのですが、今日その思いが叶いました。



恥ずかしながら、関西圏に暮らしていて初めてございます。

にしても、まあ社殿の美しい事。







感動致しました。

天満宮のすぐ隣には「繁昌亭」という寄席がございまして、落語好きな僕は、こちらも1度行きたいと思っていたのですが、今日は時間の都合もあって…



残念!

しかしながら、かつて門前町が商店街になったと言われる“天神橋商店街”は少し歩きました。



いやいや…
どこまでも続くよ商店街は…
やはり時間の都合もあり、全部は歩けません。

いまの僕は、こうして、これまで行きたかった場所を一つ一つ塗り潰していく事が人生の楽しみになっております。
明日への活力になるのでございます。

ご機嫌ちゃんで帰ってまいりました。

明日は2度目の実習であります。
頑張れそうでございます。
コメント

呪いか?

2016-05-18 22:50:03 | 日記
最近、頭痛がひどいです。

まあ、梅雨に入ってゆくこの時期からは毎年悩まされる事ではありますが…

18年前の交通事故の後遺症で、首からくるものなんですが、にしても今年はひどい。
おそらく仕事で、先週から連日でレジを打ち続けている事もあるのだと思います。
肩が凝って、親不知まで疼いております。

さて…

果たして、それだけか?

実は先週、ある事情から呪術について調べておりまして…



どうもそのあたりから…

ん?

僕自身が術にかかったのか?

そんな事はないでしょう。

しかしながら、そう思いたくなるほど辛いです。
気鬱になります。

だから、「早く夏よ来い!」と思うわけで…

という事で、今日はこのへんで。

おやすみなさいませ。
コメント

怪我をした話

2016-05-17 18:32:52 | 日記
さて、昨日は5月13日に実習を行い、その後長浜八幡宮でお芝居を観たという話を書きましたが、本日は若干その続きを書かせて頂きます。

八幡宮に着いた僕は、まだお芝居が始まるまでに時間があったので、隣の舎那院に行きました。



隣と言っても同じ敷地内にある舎那院は、元は空海が開山した新生放寺という寺で、平安時代から八幡宮の別当であったと伝わっております。
明治の神仏分離により寺は廃されましたが、舎那院だけは残されました。
芙蓉の名所と聞いております。

で、その舎那院…

ここ数年前から気になっておりまして、訪ねてみたいと思いながら中々その機会がなかったのですが、この日、その機会がようやく訪れ、門を潜った次第でございます。



実は、この舎那院…

僕は子供の頃に1度訪れております。
4歳か5歳だったと思います。
なので、四十四、五年ぶりに足を踏み入れたわけでございます。
中の様子は全く覚えておりませんでしたが、その子供の時にここで僕に起きた事だけはハッキリと今でも覚えております。

舎那院には門の他に外から出入り出来る箇所がもう1つあり、そこで転んだ僕は、右腕に何針も縫う傷を負ったのでございます。
その傷は今でも残っております。

傷と言えば…

子供の頃から何故か怪我をする事が多く、数えれば頭から足の裏まで100針ほどの縫い傷が全身にございます。
まあその半分は交通事故の時によるものですが…

しかしながら…

その第1号が、この舎那院で転んだ時のものであります。
ですから、傷を見る度に舎那院を思い出すものでございました。



若い時に長浜に暮らしておりましたが、その時にはそれほど思い返す事はありませんでした。

それが歳をとると…

この舎那院だけに限らず、良い事悪い事を含め、過去を辿ってみたくなるものです。

ですが、この舎那院…

やはり古くから残る建築物でございます。





その様な建築物に心惹かれる僕は、また違った気持ちで眺める事も出来たのも確かな事で…



という事で、今日はここまとさせて頂きます。

おやすみなさいませ。
コメント

実習

2016-05-16 19:20:02 | 日記
先日5月13日の金曜日の事でございます。

この日は来月から働く予定となっている職場での実習がございました。

まあ、やはり実際に現場で動いてみると、その大変さがよく分かったのであります。
しかし、頑張らねばなりません。
実習はもう1度ございます。
この日経験した事を活かして次回の実習に挑みたいと思います。

さて、そしてこの日の夕方は、長浜でお芝居を観てきました。



毎年この時期に八幡宮で行われる、3人で全国を廻られている旅一座「楽市楽座」のお芝居です。
昨年も観劇させて頂きました。



野外のお芝居で、入場は無料。
面白いければ、事前に配られた折り紙にお金を包んで投げ入れる投げ銭制です。

今年は長浜を皮切りに全国を廻られる様です。

という事で、今日はこのへんで。
おやすみなさいませ。
コメント