Shirakuのモノローグ

矢坂芝楽の日々あれこれを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

悪くないが……(東京 高円寺)

2018-06-02 22:15:05 | 旅日記(県外)
さて、まだ少し東京での話が続きます。

2日目、観劇を終えまして、その夜は東京在住の友人宅において5人で食事をしました。
前日はその友人宅に泊めて頂きましたが、この日はホテルを予約しておりましたもので、食事を終えると私はホテルへと向かったのであります。

予約していたのは友人宅から近い大井町の……そう、いつものアワーズイン阪急。
お風呂の王様でひとっ風呂浴びてから休みました。

で、翌日。
この日も午後から高円寺で観劇の予定でした。
午前中は友人宅に泊まったメンバーとは別行動をし、チェックアウト時間までホテルでのんびりした後で高円寺に向かったのであります。

待ち合わせの時間より早く高円寺に着いたもので、少し高円寺をブラブラしました。

駅からほど近い場所に氷川神社がございまして、先ずはそこでお参り。



その後は再び駅の方へ戻り、そこから人の賑わう商店街を歩きました。



純情商店街名付けられた商店街……
どういう意味があるのかは分かりませんが、何となくその名に惹かれてしまい、てくてくとわりと奥まで歩いていきました。

初めて高円寺を訪れましたが飲食店も多く、首都圏から少し離れているのに人が賑わっている事に驚きました。

高円寺は、明治までは商店も少ない農村だったらしいのですが、関東大震災の後に行き場を無くした人が多く移り住み、戦後は闇市などが開かれて発展していったと知りました。

待ち合わせの時間が近づきましたので、純情商店街をそのまま駅の方へと戻りましたが、商店街は駅の横からアーケードとなって私が歩いた反対側まで続いております。



ブラブラ歩きながら不動産屋さんでアパートの家賃を見ておりますと、品川あたりではワンルームでも最低7万円はするところ、4万から5万円台の物件が多くありました。

商店も多く人の賑わいもあり、首都圏までは中央線ですぐに行ける。そして劇場がある。
「この年齢での就職先があれば東京に移り住むのも悪くないな」なんて考えたりもしました。

少年時代から憧れ続けた花の都大東京……

が……

やはりネックになるのは仕事。
この年齢で人並みに暮らせるだけの給料をもらえる仕事があるかどうか。

と考え、悶々としながら高円寺駅で仲間を待っておった次第でありました。

話は変わりますが、今日は第6回運営サークル会議。
午後2時からでしたので午前中はお誘いの為に走り回っておりました。
結果は出せませんでしたが。

そして午後から会議を行い、その後も夜の部の為に一人事務所に残っておりました。
結局夜の部は誰も来ず午後8時で帰りました。

何度経験しても夜の事務所に一人ってホントに寂しいものですね。
これまで一緒に動いていた人がいて、夜でも一緒に事務所に来て、その人が「これやって。あれやって」というのを面倒臭そうに「ん? ん……」と、ホント面倒臭そうにしていた事を思い出しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 生まれ変わった(怪談 牡丹燈... | トップ | 楽しませて頂きました(夏の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。