Shirakuのモノローグ

矢坂芝楽の日々あれこれを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

築地市場再び

2018-05-29 23:40:39 | 日記
東京での2日目。

初日の金曜日は友人宅に泊めて頂きました。
で、その翌日の2日目は、採れたての美味い魚を食べたくて早朝から築地市場に行きました。

この日は土曜日でありながら開場の日でありまして、観光客で賑わっておりました。

2年前になりますが、当時築地市場が豊洲に移転すると決まっておったものですから、その姿を見ておきたいと訪れました。が、豊洲移転の話が一旦凍結され、現在も市場は築地にあります。
しかしまた、豊洲への移転が決まりました。
私にとっては、今回は本当に見納めかも知れません。

さて、朝食を食べに訪れたわけでありますが、早朝であるにも関わらず、既に鮨屋は外国人によって長蛇の列。
まあ、鮨屋はこれまでに何度も入っているので、私たち3人は煮魚や焼き魚がある「和食 かとう」というお店に入りました。



それで、私が注文したのは“銀だらの西京焼き定食”。



銀だらの西京焼きは居酒屋なんかでもよく注文しますが、さすがは築地。ものが違う。
切身が大きい上にやわらかい。
「こんな銀だら、食べた事がない」というぐらい美味でございました。
一般的な定食屋に比べるとお値段は割高ですが、それだけの価値はありました。

満足度100%で店を後にし、場内にあります水神社の鳥居を今回初めてくぐりました。



この地は明治維新後に海軍用地となり、日本海軍発祥の地とされています。



関東大震災によって日本橋の魚河岸が築地に移された時、築地市場は当時の建築技術を駆使して建てられた近代的な建築物でした。

築地は明治維新後における日本の近代化を見てきた場所でもあります。その歴史が終わりを告げるというのは何とも寂しいものでございます。



話は変わりますが、この東京2日目の昼、更に2人と合流しまして、5人で「怪談 牡丹燈籠」観劇の為に新宿の紀伊國屋サザンシアターへと向かったのでありました。
その事はまた次の機会に書きたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 荏原町にて | トップ | 生まれ変わった(怪談 牡丹燈... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。