Shirakuのモノローグ

矢坂芝楽の日々あれこれを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロケ地(京都嵐山 大覚寺)

2018-04-16 21:03:31 | 旅日記(県外)
今日は「怪談 牡丹燈籠」第1回運営サークル会議2日目でした。
昼の部は、私は参加出来ませんでしたが、幹事を含む9サークル10名の参加でした。
結構盛り上った様であったみたいです。
私は1サークルのみの参加の夜の部へ行ったのですが、急遽来れなくなったとの事で、流れてしまいました。
第1回運営サークル会議は、16サークルの内13サークルの参加にて終了しました。
次回第2回は、4月21日(土)と4月25日(水)の昼夜です。

さて、話は変わりますが、昨日は京都の嵐山へ行っておりました。
TVのブラタモリで嵐山が紹介されておりまして、何となく行きたくなったのでございます。
しかしながら、紹介されておりました天龍寺は2年半前に行っておりまして、今回はまだ行った事のない「大覚寺」を訪れました。



私の好きな時代劇に「必殺仕事人」がありまして、毎回そのエンドクレジットの撮影地に大覚寺の名がございました。
それで、1度は行ってみたいと思っておった次第でありました。



元々嵯峨天皇の離宮でありました事から、壮大なスケールの寺院である上に、新緑の時期という事もあって美しい緑で寺院全体が彩られておりました。



すぐ側にある大沢池も雄大に広がり、時間の都合でその周囲を歩く事は出来ませんでしたが、次に訪れた時にはのんびりと散歩したいと思います。



訪れるまで知りませんでしたが、大覚寺は生け花発祥の地でもあるのですね。



こちらは観光客も少なく、ゆっくりと拝観出来まして、疲れが溜まっていた身も心も癒されました。

その後、大覚寺を後にしまして、次に向かったのが「祇王寺」でございますが、その事についてはまたの機会に書かさせて頂きます。

今日はこれにて。
コメント