Shirakuのモノローグ

矢坂芝楽の日々あれこれを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一般公開

2018-04-15 20:56:59 | 日記
今日は朝から雨が降っておりまして、出かけるのは諦めておりましたが、昼前から降りもましになりましたもので、またまた京都まで行っておりました。
やはり、月に1度くらいは遠出をしてストレス解消しないと、忙しない日々を乗り切る事が出来ません。
ですが、その事は次回に書くと致しまして、今日は昨日の事を書かさせて頂きます。

昨日は午後から運営サークル会議があったのですが、先ずは早朝から極楽湯へと行っておりました。
で、その後もまだ少し時間がございましたもので、佐和山の麓にあります井伊神社の旧社殿の内部が一般公開されていると聞いておりましたので、ちょいと行ってきました。
が、その前に近くにある石田三成の屋敷跡を訪ねて寄り道です。



つい最近まで石田三成の屋敷跡の石碑があるなんて知りませんでした。

そして井伊神社へ。

井伊神社にはしだれ桜がございまして、春には見事に花を咲かせているのですが、この時はもう散っておりました。



今は新緑の美しさに囲まれて、旧社殿はひっそりと佇んでおります。



井伊神社は、江戸時代の後半に井伊家の始祖“井伊共保”の霊廟として創建されたようです。
井伊共保は、昨年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」では“御初代様”という1つのキーワードにもなっておりました。

旧社殿と言うからは、新しい社殿がございまして、中におられた神さんは、今はそちらにお移りされております。

さて、旧社殿でございます。
現在彦根市の指定文化財で、外は老朽化が酷く、全体を囲われております。
が、中は何と、見事な彫刻と色彩で美しく彩られておりました。





入場料も取らず、写真撮り放題で良いのだろうか……
と思うほど素晴らしかったです。



会議の前に良いものを見せて頂き、テンションも高まりました。

この先も何とか保存して、後世にまで残してもらいたいものです。
コメント