たべちゃいたいくらい!

有機農産物のお店『ふりす』で働くスタッフのブログ。『ふりす』で扱う商品やレシピの紹介。食について思う事などなど。

みらい黒牛のサーロインで、なんちゃってフルコース!

2014-02-21 14:48:49 | 美味いもん紹介


先日ちりめん氏が誕生日を迎えられたので、これは贅沢をする口実しないと勿体無いと思って、御馳走にいたしました。
メニューはなんちゃってフルコース。レシピはなんちゃってだけど、材料は超一流。折角なので紹介します。


*前菜+サラダ*

【海老とアボカドのごま油がけ】

なんかテレビで紹介してたホタテのレシピを参考に。
流水解凍したタカエビむき身と、一口大に切ったアボカドを醤油、砂糖、ゆず胡椒(3:1:1)で和えてレタスの上に盛り付け、フライパンで熱したごま油をたっぷりかけていただきました。
ごま油の香りがたまらん一品でした。テレビ見ててよかった。
ごま油をかけた瞬間にジューッと音がするのもたまりません。


*スープ*

【玉ねぎスープ】
なんて事ない玉ねぎスープですが、玉ねぎを飴色になるまでゆっくりとバターで炒めて作るので、美味。
玉ねぎのコクと甘みがしっかり出てうまうま!


*メインデッシュ*

【みらい黒牛のサーロインステーキ】
本日最大最高級の贅沢品。みらい黒牛のサーロインステーキ!
いつかフルコースにして食べようと言ってとっておいたお肉です。
ふりすでも最上レベルの贅沢品…じゅるり。

焼き加減はミディアムレア。ステーキソースは、玉ねぎソースで。
お肉を焼いたあとにフライパンに、すりおろした玉ねぎ(中1/2)とすりおろしたにんにく(1片)を入れて軽く炒め、しょうゆ(100cc)、赤ワイン(50cc)、みりん(50cc)、酢(20cc)を大体で加えて煮詰めたものです。このソースはハンバーグや焼いた豚肉などにかけても美味なので、簡単で便利!



で、ステーキですが。
これが、びっっっっっっくりするほど柔らかい!!
噛む度にジューシーな肉汁が溢れて、あっという間に口の中でとろけてしまいます!
味も牛肉の旨味がたっぷりの濃厚な味わいで、それなのに脂身もしつこくなくペロリと食べられます!
ボリューミーで、味も量も大満足の一枚でした…。
たぶんもう二度とたべれない…。一生分のぜいたく…。


*ライス+チーズ*

【ジェノベーゼベースのチーズリゾット】
鍋にオリーブオイルを熱し、みじん切りした玉ねぎ、にんにく、ピーマン、ソーセージとコーンなどを炒め、水(2カップ)野菜ブイヨン(1)チキンコンソメ(1)オリーブオイル(小1)ペストジェノベーゼ(小2)ドライバジル(少々)塩コショウ(適量)を入れて煮詰め、固めに炊いたご飯を投入。最後に細かめに切ったプロボローネチーズを入れて溶かしながら全体に絡めて完成。
ミルクを入れるともっと濃厚になりますが、今回はフルコースのシメなのであっさりめに。
とはいえジェノベーゼベースのしっかり味なので、コクもあって十分な食べ応えと味でした!
チーズはプロボローネピッコロを使ったのですが、香りもよく味はしつこくなく上品で、本当に美味しかったです…。
美味しいチーズを使うと、それだけでとってもご馳走に仕上がりますよー!


*デザート*

【マリアージュのチョコレートアイス】
ぺろりと食べてしまって写真を撮り忘れましたよ!
木次乳業のプレミアムアイスクリーム、マリアージュのチョコレート味。
有機の全卵を使用した贅沢なアイスクリーム。なめらかな口当たりと上品な味わいが楽しめますー。


各々それなりにの量を用意したのに、いとも容易く完食してしまいました。
ここ最近一生分の贅沢をしているような気がします…。舌が肥えてもう立ち直れないかもしれない。
死ぬまでにあと一度でいいから食べたい…と何やら深刻そうに事を呟くちりめん氏。
死ぬ気で働いてでも、またいつか食べたいです。

お正月のごちそう 第四弾 絶品柔らかローストビーフ

2014-02-04 18:39:18 | 美味いもん紹介

【蒼生舎のローストビーフ】

このお正月にいただいた、ご馳走。最後に紹介するのは蒼生舎の「ローストビーフ」です。

清水の舞台から滑空しつつ予約したこの商品。
がんばった甲斐がありました。

めっっちゃ美味しかった。

冷凍品とは思えぬ柔らかさ!
噛むほどに味が出るのに、噛みたくとも口の中でとろけてしまう程柔らかいのです。

そして、溢れ出すお肉の旨味。
臭味などは一切なく、牛肉の旨味がぎゅっと凝縮してジューシー。
濃厚かつ上品で、しつこさはありません。
塩麹に漬け込んで焼く製法が、お肉の甘みや旨味を引き出し、お肉自体をとっても柔らかく仕上げているようです。

今までいただいたものの中でも最上級の美味しさでした。

もう私思い残すことないくらい幸せ。


ちなみに今回は、自家製のタレをかけていただきました。



自然解凍したローストビーフを薄くスライス。
『紅茶豚』の時と同じように、レタスの上にマッシュポテトを添えて盛り付けました。

タレは、
玉ねぎすりおろし、にんにくすりおろし、しょうゆ、みりん、赤ワイン
をフライパンで熱して作ったもの。
お肉にいただく時に、とても良く合うタレです。

また、個人的に忘れてならないのが、「わさび」!
一般的にもローストビーフにわさびを添える食べ方は多いと思いますが、蒼生舎のローストビーフと既出のタレには更にベストマッチングです!

スライスしたローストビーフにタレをからめ、わさびを少量のせていただけば、正に絶品。
最上級のお肉の美味しさが、フルに楽しんでいただけますー。

機会のある方には、是非一度お試しいただきたいと思う一品でございました・・・。



ランキングに参加しています。

よろしければ、クリックお願いいたします。

お正月のごちそう 第三弾

2014-01-24 21:39:14 | 美味いもん紹介
お正月にいただいたご馳走を紹介すると言いましたが、うかうかしていると一月も終わりそうですね。
幾つかまとめてご紹介します。すっかりお正月ムードも終わってますけれども、許してね!



【松前漬け】

するめの旨味と昆布の粘り気が美味しい松前漬け。
ごろっと大きな数の子が入っていて非常に贅沢です!
優しい甘みがご飯との相性抜群で、松前漬けだけで白ご飯何杯でもいけそうなほど・・・。
お酒にもよく合いますし、わたくしの今年の正月太りにおける最大の原因といっても過言ではない存在でございました。



【だし巻き玉子】

地味な存在のようで、我が家では人気なのがこのだし巻き。
香りのよいお出汁を使って、ふんわり肉厚に焼き上げられただし巻きはお家ではなかなか再現の難しい味わいです。
お口に入れるとしっとり、ほろほろで、卵生地にたっぷりと染み込んだお出汁がじゅわっと溢れます。
お醤油を一滴垂らして食べるのが我が家流。お好みで、青じそやわさびを添えても・・・。


【生麩】

こちらは写真を撮り忘れ。
フライパンに多めの油をひいて揚げ焼きにし、きざみ海苔をたーっぷりのせてお出汁でいただきました。揚げ出し生麩風です。
磯辺焼きにしても美味しい生麩は、海苔との相性抜群。お出汁もよくきいて美味でした~。


【茶碗蒸し】

こちらも写真なし。
作ると手間のかかる茶碗蒸しが、温めるだけでいただけます。
穴子や海老まで入った、具沢山な豪華茶碗蒸し。卵のキメが細かくなめらかで、お出汁の香りが上品で美味でした。


おまけ。




こちらは年末に食べたいちご練乳。
なんとこの練乳、放牧の牛乳の生産者様からいただいた手作りの「放牧の牛乳で作った練乳」です!
こんな贅沢な練乳たぶん一生たべれない。
甘さもしつこくなく、ミルクの風味が濃厚で大変美味でした・・・。



こちらも年末に食べたもの。
週に二日ほどふりすの前でお店をだしてくれている魚屋さんの海老。
海老フライにしたらぷりっぷりで、それはもう美味でした…。



ランキングに参加しています。

よろしければ、クリックお願いいたします。


本格キーマカレー

2014-01-21 12:54:28 | 美味いもん紹介

【温めるだけ本格キーマカレー】

今回オススメするのは、温めるだけの『冷凍キーマカレー』!
この『冷凍キーマカレー』、のせて食べるだけのレトルトカレーなのに本格的でとっても美味なのです。
冷凍とは思えない、ひき肉の旨味とスパイスの香り。ふわっと口に広がる辛味は辛すぎず絶妙です。

料理の得意なスタッフさんは自家製ナンを添えて召し上がるんだとか。
「自家製ナンってなんやねん」ってな具合の私は、シンプルにご飯と一緒に。
横に添えるご飯には、黒米や雑穀をミックスするとお洒落です。(これもスタッフさん受け売りです)

実はわたくし二日酔いでもカレーなら食べれるって程のカレー好き。
と言っても基本的には日本人が好きなドロッとした定番カレーが好きで、香りの強い本場のサラサラしたカレーは、ものによってはちょっと苦手だったりもします。
『冷凍キーマカレー』は、香りがよく本格派も感じさせるんですが、とにかくお肉や野菜の甘みが引き立っていて食べやすい。

まだ召し上がった事ない方は、是非一度お試し下さいね!


【自己流レシピ募集!】
レシピを募集しています。


ランキングに参加しています。

居酒屋「盛胃(もりー)」その5 お正月のごちそう

2014-01-14 20:15:56 | 美味いもん紹介
我が家のお正月のご馳走第二弾は、『矢作のワイン』!
と言っても相方は酒を飲まないので、わたくしのご馳走でございますヒヒヒ!



【矢作の赤ワイン】


いただいたのは香り豊かな『赤』!お肉には相性ぴったり。
おつまみとしていただくのも、贅沢なお正月商品でございます。

というわけで、今回の居酒屋もりーはお正月にいただいたおつまみをご紹介。



【蒼生舎のビーフジャーキー】

ここまで贅沢なビーフジャーキーは他にありませんですよー。
蒼生舎の牛肉を赤ワインや醤油、赤みそ、香辛料などで味付けしたビーフジャーキー。
噛む程にお肉の旨味と甘みが広がります!鼻から抜ける香りも芳醇でフルーティ。
ワインにもぴったりで絶品でございました・・・!



【蒼生舎のミートローフ】

牛肉たっぷりの生地に、グリーンピースとにんじんの彩りが綺麗な、おせちにも使えるミートローフ。
薄くスライスしてお召し上がりを。食べる前に少し温めると、焼きたての味が楽しめて更に美味なのだとか・・・。(ワシそのまま食べちゃったよ!)
お酒にもぴったりですし、がっつりいきたい方にはご飯にも。
お口に入れるとしっとりほろほろ・・・お肉の旨味もしっかり楽しめます。


【蒼生舎のチョリソー】

幸運の蹄鉄のような立派なチョリソー!ワインにもお正月にもぴったり!
縁起をかついだわけではなく本当はあとから気付いただけです!(どーん)
フライパンで焼くと皮がはじけ、肉汁が溢れます。
チリペッパーの辛味はおつまみに最適。また辛味以上に引き立つお肉の旨味がヤミツキになります。
しっかり味がついているので、野菜と一緒に炒めたり、オムレツの具にしても美味ですよー。



今さら気付いたんですが、蒼生舎の商品ばかりでしたね。

わたくし蒼生舎ダイスキです。
牛カワイイし、オイシイし。豚もカワイイし、オイシイし。鶏もカワイイし、オイシイし。

ワインのおつまみで始めちゃったもんで、和風のメニューは紹介できませんでした。ワインに松前漬けとかちょっとあれですもんね。いや案外アリな人もいるんですか。その辺どうなんですか。
写真を撮らずに食べちゃったものも幾つかあるので・・・、和ものの掲載は考え中です。




ランキングに参加しています。

よろしければ、クリックお願いいたします。