折々に

仕事を辞めてゆっくり家事をし、淀川の河川敷等を歩いたりしている中で気に留めたことを…

アメリカヒドリガモ

2011-12-30 17:38:29 | 散歩
時々 今年は明日1日になりました。
年を取ると1年が早いこと 小学生のころは1年がながかったなあ~

今日は黒田川河口にハマシギが2羽、来ていたそうです
今までやって来なかったと思いますが、残念ながら今日は忙しく行きませんでした。
明日も正月準備で鳥を観に行く暇はないと思いますが…

先日、曇り空の中、ちょっと陽が差したのでアメリカヒドリガモを撮りました。
曇り空だと首の付近が黒っぽく見えるので写真にはちょっと…

また、珍しくホオジロが昨日いました。
昨年の冬は沢山いたのに、がっかりです
年明けにでも来てくれたらな~と期待しながら…

義妹が毎年お花を送ってくれます で、ああ、もう正月だな~と。
以前は正月用に花を生けていましたが、送ってくるので大変ありがたいです。
玄関にはもう正月が来ました


   

   
コメント

何の泡か?

2011-12-28 16:27:45 | 散歩
9度まで上がるというけれど曇っていて寒く感じます

相変わらず堤防も河川敷も人影は2,3人どまり
年末でもありみんな忙しいけれど…それと鳥も少ない
今日、聞いた話では野鳥がルートを変えているようだとの事
どの辺にいるのかは聞かなかったけれど、多分遠いところだろう

でも、久しぶりにホオジロを、鳴き声がしたので探してようやく1羽だけ
シジュウカラは時々エナガやコゲラといる所を見るけれど…

天野川の堰で、上流から流れてきた水が白い泡で…
見渡しても水は段差のある所から…上流は見た目は何ともないようで…?
何が混じって泡が立つのか気になります。


   
コメント

淀川には…

2011-12-27 17:15:55 | 散歩
 気温は最低1度、最高7度だそうです
明日は今日より暖かくなりそうでホッと…寒さに弱いので

河川敷は風があまり吹かなかったから昨日よりは暖かく感じました
この冬の淀川に来る野鳥は天野川河口の砂利が堆積している所に集団で…
今までは河川公園の船着場近くにユリカモメやヒドリガモがいたのに
こんなに河口付近に多く来たのは初めて見ました

毎年来ているアメリカヒドリガモもヒドリガモ達と一緒に来ました。
自分も同じ仲間だとまだ思っているんですね
今日は餌をやる人と間違えたのか十数羽のユリカモメが近寄って来ましたが
諦めて飛んで行きましたけど、餌をやって良いものかどうか
考えさせられました…


   
コメント

繁みの中のウグイス

2011-12-26 17:52:31 | 散歩
時々 最高気温 6度だそう
堤防は風もあり寒いというより身体の中まで冷たいって感じです。
従って堤防や河川敷を歩いている人も急に少なくなったようです。

今日はジョウビタキが目に入りましたが近頃、雄だけしか見ません、
多分雌もいるんでしょうが見つけることが出来ないだけかも…

ウグイスの地鳴きは年中、聞こえるけれど今頃はなかなか見つけ難い
でもようやく写真に撮ることが出来ました
藪から出てきて欲しい 小鳥が少ないから… 


   
コメント

ジョウビタキなど…

2011-12-24 17:41:27 | 散歩
 最低気温は2度だったとか…堤防に行く途中の川は薄氷が
寒かったけど風が無く昨日より体感温度は

スペイン旅行のことを書いている間も河川敷には行ってましたが
淀川には冬鳥が来ているのに川べりの木々にはサッパリ
みんな、「今年は遅いね」と言っていますが遅いだけかな~?と…
木々が減り、見晴らしがよく、また、ダンプカーがひっきりなしに
来年3月31日までだそうです 予算を使い切るためか…などと
要らぬことを考えてしまいます。

今日は珍しくコゲラ、シジュウカラ、エナガ、ジョウビタキを見ました。
みんな久しぶりの顔ぶれでした
でも、数は少ないです、気長に待つことにします


   
コメント

マドリッド発(7日目) ハプニングが…

2011-12-22 17:16:06 | 旅行
時々 朝は曇っていたので最低気温は6度とまあまあ…
それで今年最後の墓参りに… 小高い山にあるためやはり寒かった

11月17日の7日目は早朝(6時過ぎ)ホテルを出発して空港へ。なので、朝食は空港で
マドリード・バラハス国際空港から大韓航空でオランダのアムステルダム国際空港(スキポール空港)
経由でソウルの仁川国際空港へ、行きはソウルで深夜4時間近く待たされ、長かったこと…

やはりアムステルダムは北欧、11月というのにお昼の時間、2度しかありませんでした
前日トレドでは半袖のTシャツ姿を見たのに…

ここでハプニングここで大韓航空機に乗り換えるのに搭乗口近くで待っていたら
アナウンスで名前が同じ人の名を…「へえ~っ同じ名前やん」と思っていても
いっぱいの人だから同じ名前は「ある、ある」と思い気にも留めず、英語でもあるし、
苗字ははっきりとは聞き取れず、ミスと言ってたような…後でミズと言ってたらしいけど

暫らくして日本語でフルネームを、あっ、私だ
途端に心臓がバクバク、「何事
急いで搭乗口のカウンターへ…英語でパスポートを見せるように…エエッ何で
恐る恐る(何も悪いことはしていないけど)出しました。
そうしたら、添乗員が走ってきて何やら話していました。
乗客の視線がこちらに向いているのが分かったけれど…
添乗員の話によると、コンピュータの故障で名前が確認できなかったと…「何じゃそれは
みんなに「何でも無かった」と説明をする羽目に…
とんだハプニングでした。

そして18日、11時過ぎ無事関西国際空港に帰って来ました
実際は5日間の観光でしたが本当にスペインへ行って良かったです


   

   
コメント

トレド(6日目) 

2011-12-21 15:58:46 | 旅行
 12度あります 昨日寒かったせいか暖かく感じます
淀川にはヒドリガモが今までで一番多くいて、それにユリカモメ、マガモ、コガモ、
カワアイサ
 それに比べ川べりの木々にはヒヨドリが数羽、今年は少ないです

明日(11月17日)は朝速くから空港へ。
トレドも半日観光にしては随分楽しめました

カテドラルの中に立派なパイプオルガンが左右にありました
オルガン奏者はどうやってあの高さまで行くのか?不思議でしたが
外からは見えない隠し階段を上って行ったそうで、高所恐怖症にはとても…
今のように電気も無い時代、パイプオルガンの送風は大きな鞴(ふいご)が用いられて
大人数の裏方による人力で送風しながら演奏をしていたそうです
昔の人たちの知恵ですが、圧倒されるパイプオルガンでした

下の写真は大聖堂の真向かいに建つトレド市庁舎
2本の尖塔はバロック様式で、全体の様式はルネッサンス風らしい
1階には観光案内所があります

トレドに来た時、トレドの街に入る2つの橋、西の「サン・マルティン橋」と、
東の「新アルカンタラ橋」で、
バスの中から見たのは新アルカンタラ橋でした。
帰る時はもう薄暗くなったビサグラ新門を通って…


   

   


コメント

トレド(6日目) サント・トメ教会

2011-12-20 16:14:35 | 旅行
時々 今日も寒いけれど明日は少し暖かくなるようです
河川敷にベニマシコが5羽いました 先日1羽だけ見ましたがこれから…

カテドラルを観て少々頭の中の整理が出来ないまま今度はサント・トメ教会へ。
勉強不足で初めて聞いた教会でしたがここには、有名なエル・グレコの最高傑作と言われる
「オルガス伯の埋葬」があり、トレド観光の目玉のもう一つ?だそうです
この教会は人数制限があり、区切って「オルガス伯の埋葬」を観るようになっていました。
そして撮影は禁止でしたので、写真はパンフから

詳しい説明がガイドさんから…それにしてもかなり大きな絵です
縦4.8m、横3.6mもあるそうです。そして完成までに、2年もかかったんだそうですが…
いかにも宗教画らしく上半分は天上界の想像画、下半分は地上界、
実際に、オルガス伯爵が埋葬されているところを描いているらしいんです。
下の絵にはエル・グレコがいた時代の人で高額な絵の代金のスポンサーだった人たちは
参列者として黒い衣装で描かれているそうです。
また、自身(グレコ)や息子もこの絵の中に描いているし、ドン・キホーテの作者のセルバンテス
描かれているんじゃ無かろうかとガイドさんは…
因みにエル・グレコとは「あのギリシャ人」という意味らしく
本名は「ドメニコス・テオトコプーロス」というそうです。

写真はオルガス伯の埋葬とカテドラルの中のトランスバレンテの祭壇の天井画等。


   

   
コメント

トレド(6日目) カテドラル-2

2011-12-18 15:27:09 | 散歩
 寒い日が続きます 日向はどうにか…

最後の観光のトレド、カテドラルはスペイン・カトリックの総本山
だけあって観るものが有りすぎ…

広い堂内、 エル・グレコの絵画がたくさん壁面を飾っている部屋に、
有名らしい「聖衣剥奪」がありました。
他にゴヤや、ベラスケス、ラファエロ等有名な宗教的な絵画もあり、美術館巡りみたいな…
説明がありましたが殆ど忘れてしまって…ただ、素晴らしかったことだけは忘れません

宝物室には、イサベラ女王の冠初、写真ではその豪華さは
分かりにくいですが…贅沢な宝冠でした
他にフランコ総統の剣やフィリピンから贈られたというサンゴでつくられたキリスト像等など…
本当に金銀珊瑚、あや錦と何かで聞いたような…

また、礼拝堂というのか祭壇というのか今までに見たことが無いようなこれまた豪華絢爛
又細かい像が一面に、双眼鏡がいる

この聖書、今まで見たことが無い豪華さ、説明を忘れてしまいましたが
この紙は何でできているのか光沢があり、分厚かったですが…?

衣裳部屋、これは大司教が着る法衣の刺繍か、これも素晴らしかった
現代なら分かるけどその時代にこんな刺繍が…


   

   

   

コメント

トレド(6日目) カテドラル 

2011-12-16 17:35:51 | 旅行
 寒い今日は最低気温4度、最高気温10度の予報が…
河川敷へ行ったけれど高槻市の先の山々は雪か雨模様、早く帰らないと…黒い雲も…
相変わらず、野鳥は殆どいない、ヒヨドリも例年より少ないようです。

世界遺産の古都トレドはOPです。でも観光できて良かった

いや~、びっくりです タホ川に架かる新アルカンタラ橋を渡り、
高台に広がる旧市街まで、何と長いエスカレーターを何回も乗り継いで…
エスカレーターがあって良かった 階段で行けば日が暮れてしまいそう

まずはカテドラル、トレドのカテドラルは、スペイン・カトリックの総本山だけあって、
かなり大きな建物ですまた、 フランスゴシック建築(パリのノートルダム寺院と同じ様式)だそう…
1226年にフェルナンド3世の時建築が開始され、1493年に完成、実に267年もかかっている…
また、その後、時代により増築・改築されオリジナルの部分は少ないそうです。
大きな礼拝堂が中央にあって、壁側には小さな礼拝堂が取り囲んでいて、
その数、大小合わせて20個以上が…

また絵画、彫刻もかなりの数があり、どれも素晴らしいものばかり

写真は撮影のため降りたビューポイントとカテドラルの尖塔です。

次はカテドラル内部の宝物室など。


   

   
コメント