槍平小屋ニュース 

槍ヶ岳・飛騨側登山ルートの要衝、槍平小屋から日々の出来事や最新登山道情報をお届けします。

槍平小屋ニュース 20190825

2019年08月25日 | 日記

槍平小屋ホームページ /facebook/instagram ご宿泊予約について 

(説明)滝谷渡渉部ライブカメラ


(重要)南岳新道の現状について 20190807更新    

滝谷避難小屋付近落石の件


昨日、今日と久しぶりにビーバー君!?になってます(笑)。先日の大雨の際、小屋のすぐ下の登山道が7月の大雨以来、再び浸水被害に遭いました(現在は水も引いて、問題ありません)。7月の時は「雪解け水もあったから、大規模な増水になったんだろう・・・」と思っていたのですが、今回の浸水被害を受けて、やはり水路が小屋寄りに変わってきていることが判明。次の大雨の前に、出来る限りのことを。まずは小屋から100mほど上流で、幅8mほどの本流(青い実線)をせき止めて、奥丸山側へ新しい流れ(赤い点線)を作りました。

 

さらに下流部でも二箇所目のせき止め。

 

それでもキャンプ場方面へ分岐して流れ込もうとする本流を、岩と流木を使って新しい水路側へ迂回させます。作業に興味シンシンなテント泊のお客様の視線を感じつつ(笑)。

 

こちらは7月の大雨時、さらに先日の大雨で登山道(白い実線)へ浸水した場所。今回は長さ4m、直径40cmほどの流木と岩で堤防を作りました。上部では新しい流れがどんどん河原を削って、登山道から離れた部分が本流となりつつあります。この調子でうまく流れが変わってくれるとよいのですが、そんなに自然は甘くないことも承知しています。次回の大雨で、どれくらい効果が出るか、期待と不安は半分ずつ。とりあえず、この2日間はトータルで1トン分くらいの石、岩を動かしたのではないか、というくらいの腰痛&手首痛ですが(苦笑)、一番の願いは増水するような大雨がもう降らないことです!今日のブログ、矢印だらけですが(笑)、山小屋の仕事にもいろいろあるな、というご紹介でした。

 

それでは本日の気象情報。

午前6時。

 

午後6時。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事についてブログを書く
« 槍平小屋ニュース 20190824 | トップ | 槍平小屋ニュース 20190826 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事