DB専+他A漫部屋

作品種別はカテゴリー選択。HPからの訪問者様がTOPへ戻る際はブラウザーを閉じる。

’18戌年最後の子供サービス

2018年12月28日 06時00分00秒 | 落書感想雑事

今年も行きました。お弁当持参で名古屋港水族館。我が子は入園前に八景島シーパラダイスデビューしたせいか、プラネタリウム好きな自分と異なり水族館の方が好きなようです。でも流石に冬で屋外は寒い為、イルカショー等は遠慮しました。目的は’19.1.20迄期間限定で開催されてる「へんかわ展」(変で可愛い海の生物を数種類展示)。小さくて可愛いのもいれば、キモいのも居ました(自分の場合トラウマで蛙が嫌い。夏場の鳴声だけは情緒を感じますが)。

クリスマス明けに行ったので、広場のツリーを片付けてる際中でした。その日は、いい加減人の為に(親兄弟姉妹夫含)自分を我慢して何かするのも、相手の立場や状況、年齢や性格を考慮し気を使うのも何もかも嫌になりクサクサしてた為、大きな水槽で気持ちよく泳いでる魚達をみて癒された気分になったのも束の間、グッズショップの我儘を諦めさせるのに一苦労でございました。何やら、春休みにグッズ購入してと言われ・・・年3回以上来るつもりなら年間パス作った方が安いじゃない・・・と思ってしまった。でも、まぁ動物園よりは水族館の方が私も癒されたかも。それ以上に綺麗な自然な景色を高台から目視するのが好きですけどね(この場合、現地に行くところから体力が居るから歳取ると無理)。下記添付写真は通常展示の魚達ばかりですが、Twitteの動画には数匹「へんかわ展」生物も含めております。

1.右は鮫と子魚の群れ。右の巨大魚は高級魚「クエ」。

  

2.魚の羽化経過状態

3.サンゴの海の仲間達

 

4.水族館案内図(日本語・英語・韓国・・・後中国語もあったのかな?)

帰りは最近出来た地下鉄港区役所前の「ららぽーと」に寄ってみたのですが、前評判の蔦屋書店が自分が思い描いてたのと違ってた。カフェ目的ならいいですが自分的には違うかな~と言う感じでしたね。それ以上に驚いたのは、主人側祖父母と子供が行く事もあるアピタ某店舗が目と鼻の先で、「東海通りって港区だったんだ・・・」と、生まれも育ちも名古屋だったくせに、生誕〇年目で今更ながらに知りました。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ’18戌年、最後のサイト漫画UP | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿