DB専+他A漫部屋

作品種別はカテゴリー選択。HPからの訪問者様がTOPへ戻る際はブラウザーを閉じる。

「漫画文化」と言えど…

2018年10月12日 06時55分17秒 | 落書感想雑事

昨夜Twitterにも若干呟いたのですが、今の時代でも漫画は子供によくないと思う親御さんが居ることを最近知りました。その方はとても我が子のみでなく塾生への教育にも熱心な方なのですが、一時期ご自分の好きな漫画を大人買されてた事もある為、まさかその方から子供が漫画から小説に移行していかない点を持ち上げ「漫画は・・・」的な発言をされると思いませんでした。しかも漫画好きと知ってる私の前で(遠まわしに嫌味言われてる気分だった)。

話を伺うと御子様はゲーム攻略本は熟読しゲームを次々とクリアし、教育的漫画は父親が御子様に提供され理解もしてる様なのでノウハウ文章の読解力は問題ないと思うから、ママさんが気にするのは情緒を育てる文章に慣れて欲しいと言う意味かと思い、自分は子供が文章に抵抗なく入り易いアニメ(漫画)映画小説からチャレンジさせてみたらと提案したのですが、そこでも「いや、アニメ観ないし」と即答で・・・。文章に慣れる為ならアニメの小説版でも今の年齢なら十分だと個人的には思う為、ここまで強引に他者の意見を露ほどに耳に聞き入れる素振りすらしない性格なら、昭和発展途上始まった頃同様、上品的な言い回しが身につくかもしれない(つかないかもしれない)日本有名文学小説(あの手のかしこまり文章が苦手な人間は何冊読んでも苦手)から強制的に子供に読み聞かすなり読ませろよと、少々苛立ちながら思ってしまった。

まぁ、各家庭教育方針が異なるから致し方ないのだが、小さい頃から塾通いのその御子様は若干友人との会話に問題がある様で、最近、ウチの子のクラスで算数が遅れてることについて「〇〇君、おっくれてる~」みたいな揶揄い言葉を登下校時にウチの子に投げかけるそうだ。それを聞いた親的には「塾で中学問題まで習得してる子には6年算数でも遅れてるんだろ」と思うだけで済むのだが、実際揶揄われる子供にとっては自分のせいでもない案件故にムッとするとボヤいていた。

確かにこの件は教育現場のクラス担任と、その担任が協力し合う筈の教科担任とで、4月の段階で国が定める学年で就学すべき要項を確かめ、一年間どんな風に授業を進めるか等を話合っていたか否かの問題で、今現在隣のクラス生徒にも明白な静かに勉学出来る状態でない授業を行ってる(隣クラス生徒本人と親御さんが教えてくれた)クラス全体の遅れでもある為、指導すべく上の物(校長や教頭)の責任でもあるんですけど・・・未だ何等改善されてないらしい。故に遅れ始めた部分は駆け足(すっ飛ばし)教育になりそうなので、自宅学習で中学高校で深くかかわる項目である遅れ始めた部分を、今からキチンと理解させる様に教えて行くしかないかなと・・・学生からの続きで教育現場以外社会や企業に身を置いた事のない先生を信じてアテにしてると馬鹿見るかもしれないので。

で、結局何が言いたいかと言うと、親が教育熱心なのは良いが全ての漫画が子供に悪影響及ぼす訳でもないし(作者様が専用書物等でよく勉強した上で書かれてる漫画も有)、我が子とお友達の交友関係を聞く(みる)限りでは、小さい頃から塾行かすのが100%確実に正しいとは思えないよな~と、個人的には感じてると言う点ですね。まぁ、頭良いにこしたことはないのかもしれないですけど、一般高学歴の方は習得した知識の使い方次第で、他者のその方への見方や評価も違ってくるのでしょうね。

ジャンル:
日記
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018ハロウィン in English S... | トップ | 「BANANA FISH」第2クール 新... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿