「頸部食道がん」闘病記 (鬼嫁yappiの日記)

夫が「頸部食道癌」になって8年。
苦しい時こそ明るく笑って!・・・奇跡の8
年間を綴っていきたいと思います。

はじめに・・・

夫が「頸部食道癌」と診断され8年。この間に20回にわたる手術・放射線治療・抗がん剤治療とフルコースの治療を行ってきました。残念ながら今の医療で出来ることはここまで。 これを機に今までの歩みを記憶が鮮明なうちに全て残しておこうと思い、このblogを立ち上げました。 また、新たなチャレンジの第一歩として、2010年年明け、「治験」を試みましたが、敢え無く失敗に終わり・・・・。 今は食事も摂れず、胃ろうから栄養剤の注入の毎日です。 そんな私達でも逞しく生きています。 私たちの経験や毎日の生活が、同じように頑張っておられる皆様の参考に、そして少しでも希望と励みになれば幸いです。 その日の日記は「リアル日記」として、また今までの軌跡については「回顧」として綴って行きたいと思います。  ご質問やご意見はお気軽にどうぞ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大変?いや、幸せの時間!

2017-09-24 11:49:20 | リアル日記
お彼岸ですね。お墓参りに行かれてる方も多いのでしょうか?
我家は…💦
私が病院実習中で、レポート作成で精一杯なのをいいことに、見て見ぬ振りの旦那の写真周り。
旦那実家で義母にちゃんとやってもらってるだろうから、そっちに甘えて横浜はいっか〜。ってことで。

週末、久しぶりに行きつけの飲み屋さんに行った時のこと。
ひょんなことから、我家の旦那が亡くなった話に至った。
娘が2歳になる前から8年間の闘病生活。
皆、「大変だったんだね〜。」と。
大変ってなんだろう???って思ったので、ちょっと備忘録的に。

旦那が病気で亡くなったってわかると、いつも「大変だったね」そう言われる。ここでも言われた。
大した意味も無く言葉に困っての「大変だったね」なんだろうけど…。
面倒な時は、まぁねー。と答えておくが、大概「ふん???特に。」と返事をする。今、振り返れば私自身大変だったと思ったことは1度もない。
急に仕事を休まないといけなくて、代行を探しまくったり、娘を預けたり、そんな程度のことはあるけど。
信頼出来る仲間が嫌な顔せずに助けてくれたから、とても助かっていたし。

「大変」って何をもって大変と皆は言うのだろうか?
私にしてみれば、小さい子供を抱えているお母さん達の方がよっぽど大変そう!
1日中子供と付き合って生活するなんて私には無理。でも、それが幸せって思う人もいて、それぞれの価値観があるから、一概に「旦那が亡くなった=大変」の公式には当てはまらないのである。

逆に、旦那は闘病中に家族との時間をたくさん取ってくれて、あちこち3人で出掛けたし、入院中は私の仕事が終わると、病室へ駆けつけてノンビリ過ごしたし、幸せな時間を過ごすことができたなぁ〜って思ってるくらい。

旦那が病気で幸せでした。なんて言うと、変だけど、でも元気だときっと、バタバタとした毎日の生活が続くわけで、私もイライラしながら仕事と家庭の両立をしているわけで、旦那もそうなるわけで…。そんな生活を想像すると、あの時はよかったなぁ〜って、闘病時代を思い出すのです。癒される訳ですよ。のんびりと。

なので、これからは旦那の闘病時代は
我家の「安らぎの時間」と呼ぶことにします。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

小林麻央さんのご逝去に接して・・・

2017-06-23 15:00:47 | リアル日記
たった今、小林麻央さんの訃報が入りました。

何も考えたくない・・・。
そっとしておいて欲しいだろうに・・・。

海老蔵さんの記者会見も始まりました。

舞台も勤められた後、気丈に会見されていました。
海老蔵さんも立派だなと感じながら拝見してました。
麻央さんと出会って、海老蔵さん変わられましたよね。
以前はやんちゃで、私の中では好感度あまりよくなかったけど、麻央さんのお陰で凄く更生したというか、人として立派になられたというか・・・。
とにかく、麻央さんの力は大きかったと思います。
私も陰ながらお2人を応援していました。

麻央さん、病気が判明して懸命に生きられたと思います。
麻央さんは自らブログを立ち上げ、同じように苦しんでいる方々へたくさんのメッセージを発信されました。ブログを書きながら、きっと苦しい日もたくさんあったと思います。きっと自分の生きている証として、家族にも何か残しておきたかったのでしょう。会見を見ながら、私もついこのブログを開いてしまいました。



いろいろと思い出しました。
残された海老蔵さんや子供さん達のことを考えると、今日はたくさん涙が出てきました。
旦那が亡くなった時は、涙なんか流す余裕なくて・・・。
次から次に決めないといけないこと、判断しないといけないことが多すぎて感傷に浸っている所ではなかったから。
こうやって、客観的に感じられるようになって、ようやく最近涙が出てくるようになりました。
麻央さんのご冥福をお祈りすると共に旦那を偲ばせて頂いてます。
麻央さん、どうぞ安らかにお眠りください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年の目標!

2017-01-05 13:56:20 | リアル日記
大変ご無沙汰しております。
明けましておめでとうございます。

新年すでに5日経過しましたが、皆様何か新しい目標を立てられましたか?

旦那はいつも「今年も1年穏やかに乗り越えられますように」と、
堅実な目標を立てていたのを思い出します。

私もいくつか今年の目標を立てました。
そしてそれに向かって動き出そうと、久々にこのブログを開いてみました。
いつの間にかコメントが入っていて…。(ありがとうございます)
私はすっかり娘と2人の生活が当たり前となってしまいましたが、まだまだ食道がんで闘っていらっしゃる方々がおられるんだな…としみじみしています。
皆さん、前を向いて闘っていきましょう!

そうそう、私の今年の目標の一つ。

「このブログを本にする!」なんです。

今年の8月は旦那の七回忌なんです。
できたらそれまでにこのブログを1冊の本にしたいなと思っています。
離れて生活している旦那の両親が元気なうちに彼の奮闘をもう一度刻んで欲しいな〜と。パソコンもSNSもやらないアナログ人間なので、形としてお渡ししたいのです。
そして、娘にも残しておきたいなと思っている次第です。

今年は私も4ヶ月の病院実習があるので前半はかなり忙しくなると思いますが、何とか実現したいなと思っています。
頑張ります!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年おめでとうございます

2016-01-02 20:28:55 | リアル日記
皆様、新年おめでとうございます。
新年とは言え、この瞬間も一生懸命病気と向き合い、闘っておられる方々もいらっしゃる事と思います。

我家の旦那は、新年のおせちも、大好きだったお雑煮も、
あげるのを忘れられ、2日経ってしまいました。

いや・・・
年が変わった瞬間には、
娘と共にちゃんと手を合わせてご報告したんですよ~。

2016年になりましたよ!l
2015年も1年間見守ってくれてありがとう~。

ってね。

でもね、それから寝て目が覚めて、
バタバタとお雑煮の準備をして、
冷めないうちに頂いてたら、
旦那にあげるのを・・・つい・・・
ね。

旦那がいなくなって、5回目のお正月。
今年は自宅で娘と2人の正月なので、おせちとお雑煮作りましたよ。
とっても庶民的なおせちですが。
がめ煮って博多の郷土料理とともに。

  
 


ブリ、かしわ、里芋、人参、大根、レンコン、ごぼう、かまぼこ、しいたけ、かつお菜(かつお菜は関東にないのでほうれん草で代用)が入る博多雑煮です。
あご出汁とって、干し椎茸もどして、他の具材は茹でて・・・。
食べる直前に出汁と合わせ、餅は茹でて・・・。

結構手間が掛かるのです。

「今年は雑煮は要らないよ!」
って言ってくれないかなぁ~・・・って
どれだけ思ったことか。

旦那、それを知ってか知らずか・・・。
ありがたい事に
いつも「今年は雑煮だけでいいよ~!」って言ってました。

残念!

毎年、お雑煮を頂きながら、そんな事を思い出し、
そして、「あ!お父さんにお雑煮あげるの忘れてた!」って思い出し、
「今年もごめんね」って誤るのでした。

この1年、災害もなく、全ての方々が平和な1年を過ごす事ができますよう
そして、病気と闘っておられる方々が、少しでも癒される時を過ごされますようお祈りいたします。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

4年目の命日

2015-08-17 11:19:15 | リアル日記
久しぶりにこのblogを開き、更新しています。

私は昨年より、理学療法士の資格取得を目指して、専門学校へ通っています。
ただ今、2年生。
20歳の子達と共に机を並べて、おとろえつつある脳をフル回転させながら勉強しています。

なので、今は夏休み。平日ですがお休みです。
そして、娘は先日から博多のおばあちゃん家に行っているので、1人のんびりと4年前を振り返りながらしばらく掃除してなかった旦那コーナーを掃除しています。
昨日まで不在のため、お花も飾ってあげれてないので、これから飾りましょう~。

昨夜は旅行帰りに友人達がわざわざ我家に集まってくれました。
いつまでも思い出してくれる仲間達。本当に有り難いです。

今日は独りでノンビリといろんな想いにふけることにします。
5時22分は合掌を忘れないようにして・・・。










コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加