八尾市市民活動支援ネットワークセンター「つどい」(ブログ)

大阪府八尾市の魅力ある市民活動情報をブログ形式で発信しています!
ぜひぜひご覧下さい(^_^)/

「つどい」の紹介で工場見学が実現!【第一弾は、ラピス株式会社】

2019-11-14 14:03:01 | 「まちとつながりとハッピーの会」出展者の活動追っかけ

 こんにちは。ご無沙汰しております!

 めったにブログを投稿しない、めったに取材をしなくなった、つどい業務責任者の新福です。

 でも、今回は、投稿しますよ!

 だって、「つどい」に八尾市内の工場見学をしたいと相談があって、
それが実現したんですから!
 「これは投稿しないと!」と言うウキウキ気分でお届けいたします。



 はい!ここからは、真面目に投稿します!! 


 昨日【11月13日(水)】は、「ラピス株式会社」の工場見学へ行きました(会社は八尾市小畑町2丁目)。


 ラピス株式会社さんは、昨年「つどい」と八尾市で共催した「八尾市制70周年記念事業 まちと
つながりとハッピーの会」
でハブラシのご提供で社会貢献いただいた会社さんです。

 さて、今回のきっかけは、「八尾はぁとふる病院」が「つどいブログ」で
「やおで頑張る事業者さんの工場見学に行ってきました!」の記事を探されて
「つどい」に問合せされました。

 「八尾市内の工場を見学したいので紹介してほしい。」と相談があり「ラピス株式会社」をご紹介して、
見学が実現しました。



 私はここに共感しました!「見学を行いたい目的」 

 「八尾はぁとふる病院」は付加機能評価(リハビリ機能)認定病院※で、リハビリに来られる患者さんの中には、
ものづくりに現在携わる方、ものづくりの仕事から定年退職された方がいらっしゃいます。


 リハビリに携わる職員さんが、工場見学を行うことで、さらに患者さんと寄り添うリハビリにつなげたいのが目的です。
 社員教育の一環として行っています。日頃の業務では、病院以外に出向くことがなく、ものづくりの現場に行くこと
はないので、貴重な機会になりました。


 人となり、患者の見えないバックボーンを観ることや寄り添うことは、とても大切なことですね。
 私は「つなぎ役」である中間支援を行う者にとって、非常に共感をしました。
 私は、はじめて相談に来られた方は特にお話を良くお聞きしながら、相談者の見えないバックボーンを捉えて、
直観で感じたことをお伝えする様に努めています。

 ※「付加機能評価(リハビリ機能)認定病院」:
   病院機能評価により、一定の水準を満たした病院は「認定病院」となります。
   認定病院は、地域に根ざし、安全・安心、信頼と納得の得られる医療サービスを提供すべく、日常的に努力している病院と言えます。

    出典:インターネット「公益財団法人 日本医療機能評価機構」
 


 お待たせしました!工場の様子を見たいですよね!
 



 見学がスタートした時の様子です。8名のご参加をいただきました。





 見学の説明・案内をいただきました「乾 靖英」さんです。
 実は「つどい登録団体」の八尾レオクラブなどでもご活躍です。




 八尾市はハブラシの生産が盛んで、東大阪市と合わせると全国の生産量の6割を占めるそうです。

 特徴的なのは、ラピス株式会社さんは、歯ブラシにインクジェットで印刷が出来る技術をお持ちです。
 (上の写真が印刷機です。)




 印刷をしていないスケルトンのハブラシ




 こちらが、スケルトンだったハブラシに印刷をされたハブラシ
 柄の部分が印刷されていますね。

 ちなみに、乾さんの写真を見るとわかりますが、左手が印刷前のハブラシで、
右手が印刷後のハブラシです。またちらっとご覧くださいね。

 八尾はぁとふる病院さんは、作業をされる方が、どの体の部位に負担が
かかっているかなどをお聞きされていたのが印象的でした。
 リハビリに来られる患者さんを意識されているのですね。



 
 ハブラシに手作業で植毛する体験や毛のカットの様子を見学した後(今回は写真を省略しますね)、
自動で植毛する機械を見学させていただきました。

 ドイツ製の機械を国のものづくり補助金で購入され、英語で書かれた取扱説明書をグーグルで翻訳して
熟読しながら、一年がかかりで使い方を覚えたそうです。ヒェ~!こりゃ大変やわ。



 

 植毛を自動で行う様子です。毛のカットと研磨も自動でした。
 動画も撮影しました。これはフェイスブックで投稿しますね。お楽しみに!!



 

 植毛するハブラシの毛です。一本の長い円柱状を必要な長さにカットして、輪ゴムに止め直して、
機械にセットを行います。



 

 写真は出来上がったハブラシの検品作業です。
 検品では14種類の不良パターンがあるそうで、それをチェックして、不良パターン別に箱【写真左側の箱】
に入れておられます。
 
 検品作業はミャンマーの方も従業員さんで雇われており、勤勉で職場の雰囲気もさらに明るくなったそうですよ。
 将来は海外でも生産をして販路拡大も考えているご様子でした。


 ラピス株式会社さんは、18年前に歯医者さんと共同で「ワンカットブラシ」を開発するなど、
先進的に販路を探しだしている、すばらしい事業者さんです。 
 

  今回は、急いで慌てて記事を作成しましたので、とりまとめのない文面になっており、
すみません。

 また来月12月10日(火)も、もう一度見学を行いますので、その時は別目線で掲載してもらいますね。


 
 これで終わりではありません!実はもう一社ご紹介をしています!

 第二弾の見学先は、3月に見学に訪問した亜細亜商工株式会社&ダイヤゴム化工株式会社(八尾市渋川町)
の見学を行います。今月18日(月)と12月3日(火)の2回に渡って行います。
 
 詳細は、「やおで頑張る事業者さんの工場見学に行ってきました!」の記事をご覧くださいね。


 事業者同士のつながりも顔見知りから始まって、本業を含めた社会貢献につながれば良いです。

 みなさん、快くお引き受けいただき、本当にありがとうございました。


コメント   この記事についてブログを書く
« 12/15(日)「オキナワへいこう... | トップ | 11/20(水),23(土),24(日)「妊... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

「まちとつながりとハッピーの会」出展者の活動追っかけ」カテゴリの最新記事