石切・八起の口福ブログ

石切さんのちょい西で
  拵え設えやってます
   旬膳八起でございます

       

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ピカッて光るんでっせ!

2014-03-26 18:02:08 | 食・レシピ

ほんま3月も残すとこ後わずかに

紀三井寺じゃ関西でトップに今日

桜が開花したんやとか

春が待ち遠しいでんなぁ~

そんな春に兵庫、北陸や越後から届く

「ほたるいか」連日仕込んでまんねけど

これが結構手をわずらわせよる

Dsc_0458

行儀良うにせいろに並べられた

生の「ほたるいか」は勿論造りで

卸した生姜で頂いてもらいまひょ

Dsc_1628

年に1~2回は手に入りまんなぁ~

泳ぎの「ほたるいか」こっちは踊りで

お出ししてまんねん

Dsc_0460

富山湾内のプリプリの釜揚げも

当然お客はんにお食べ頂いてま

そないに言うてもそこは料理屋

甲羅と口、目はきれいに取って

皆はんの舌に当たらん様に仕込まんと

Dsc_0464

そん時に使うんがこの道具

えらいおっきい毛抜きの様やけど

魚の骨やほたるいかの甲羅を

抜くんで着いた名前が「骨ぬき」

Dsc_1536

これを使こうて仕込みまひょ

目、口、甲羅と順番に小刻み良う

リズムに乗って「はい!できあがり」

Dsc_1575

後は「沖漬け」にしたり

(お酒とみりん、醤油に漬ける珍味)

Dsc_1669

美味しい出汁でサッと焚いて

木の芽煮なんてのも春らしい

使い方は仰山あって八起じゃ

天ぷら、田楽に勿の論定番の

酢みそ掛けも変わり種のご飯なら

リゾットなんてのもよろしおすなぁ~

Dsc_0462

今更でっけど皆はん

ご存じでっしゃろか?

「ほたるいか」どこが光ってると

思わはります

大概のお人は胴体の部分やと

答えはるんでっけど

実はこの長い2本の足先が

「ピカッと」発光するんでっせぇ~

なかなか見る機会も少ないでっけど

どこぞで活きた「ほたるいか」を

見かけたら百聞は一見にしかず

いっぺんご覧になっておくれやっしゃ

さぁ~これから桜も咲いて海に山にと

旨いもんが出て来る季節その走りに

「ほたるいか」どうぞ召し上がれ!

コメント

一年に一回は…おめでたいでんなぁ~

2014-03-12 18:24:54 | 食・レシピ

ここ何年かはありがたいことに

一回ぐらいの割合でご予約もろて

させてもろてます「お食い初め」

Dsc_1433

去年はこんな感じで納めさせて

もらいましたなぁ~

今年も早い時期から受け承ってまして

今回は「わて」が石切さんで八起を

開いたきっかけを拵えてくれたお方の

初孫はんの祝い膳

当然作るのも気合が入りますがな

拵える前にまずはお膳を確認しときまひょ

Dsc_2438

ほぉ~ たいそう立派なお膳ですがな

高台にもすべてのお椀にも家紋が

記してあって本塗のえぇ~もんだす

それぞれの椀にお食い初めの意味する

食材を盛り付けまひょか

Dsc_2442

すくすくと育ちます様にと

これからが旬の竹の子の焚いたんに

若くして芽が出て欲しいと

願って若芽をあしろうてマメに成る様

お多福豆を添えて木の芽の香りの

春らしい椀もんが出来上がり~

続いて二つ目のお料理はこんな感じ

Dsc_2446

大阪じゃ歯固め に 蛸の煮つけが

よろこばれまんなぁ~

所変われば品変わるって

良う言わはります様に

勝栗やったり小石なんてお家も

ありまんねん、そや言うて今回は

皆で後で食べますよってにって

言わはりまっさかいに「蛸のあっさり煮」を

ご用意させてもらう事にしましてん

さぁ~もう一椀残ってますよってに

仕上げてしまいまひょ

Dsc_2443

祝いもんに欠かされへんのは

やっぱり「お赤飯」でんなぁ~

そこへ喜ぶに掛けて昆布で

えぇ~塩梅に〆た、ひらめを素焼きに

家内繁栄の意味合いを持ってます

「梅干し」を一粒盛り付けて

めでたい、めでたい金粉ひらひら

ひとひら振ったら出来あがり

「ほっ」時間通りに納めさせてもろて

何よりでした「奏ちゃん」

このお膳で将来食いはぐれの無い

お子に育っておくれやす

大きなったら八起のおっちゃんが

あらためて美味しいもん拵えてさせて

もらいますがな

まずは、離乳食に八起自慢のお出しで

「おじや」でも食べてもらいまひょ

弥生の佳き日に初節句、ほんに

おおきにありがとさんでした

コメント