老ホーク雑感

ホークスを中心に、野球の他、スポーツ全般の話を、何の脈絡もなく、思いつくままに書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

どうしたホークス

2006-04-08 16:11:21 | Weblog
城島、バティスタが抜け、負傷の川崎を欠くソフトバンクホークスが思いのほかいいスタートを切った。が、ここにきて2試合連続のシャットアウトを喫し、ゲームは3連敗、順位は2位に後退した。この時期、順位は余り関係はないが、負け方には大いに問題がある。主力の当たりがばったりと止まった上、走塁死が多く、数少ない折角のチャンスを潰している。積極的な好走塁と紙一重の走塁なので、一概に責めることは出来ないが、打撃不振が全体に「あせり」を生んでいるようだ。
調子の悪い時はある。今年は打線で苦しむゲームが多くなるのは予想されるところだ。しかし、あせる必要は全くない。ひとたび打線が噛み合えばリーグ有数の打線であることには間違いない。
和田、高橋等、先発投手がゲームを作っている時はどうにかしてこれに報いることを考えて貰いたい。(それが、先取点を欲しがるあせりに繋がることもあるが・・・)
勝ち負けは結果であるが、今年のホークスは粘りのゲームを身上としなければならない。結果は後からついてくる。

心機一転して、ホークスらしいゲームを見せて欲しい。
頑張れ!! ソフトバンクホークス!! 

コメント   この記事についてブログを書く
« ホークス連勝! | トップ | 偉大なアニキ 金本知憲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事