老ホーク雑感

ホークスを中心に、野球の他、スポーツ全般の話を、何の脈絡もなく、思いつくままに書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

情けない、ホークスの敗戦

2006-04-16 19:20:03 | Weblog
ホークスが又、負けた。フアンとしては、本当に情けない敗戦。負けたことは悔しいが、所詮勝負は時の運、一つや二つの負けで情けない思いをしているのではない。負け方が情けないのだ。特にズレータの暴力沙汰、昨日のノーヒットゲームに引き続き今日も打てない、クリンアップには1本のヒットも出ない。久し振りのチャンスに打席に立つが、金村投手とのタイミングが合わず再三打席を外す。主力打者としての責任感と、打てない悩みでイライラする気持ちは良く分かる。このときに金村投手からデッドボール!猛然とダッシュし金村投手に殴りかかった。
最悪である。いかに自分がイライラしていても、死球を受けても、この行為は弁解の余地はない。勿論相手の金村投手の心身に与えた影響も心配されるが、自分にチームに対しても少なからず悪影響を与えてしまった。選手もフアンも非常に後味の悪い結果となった。
ゲームは4-0で2試合連続のシャットアウト負け,2番本間、8番稲嶺が夫々2本のヒットを散発しただけで、それ以外は昨日からヒットなしではとても勝てない。みんなが、好球を見逃し、悪球に手を出す。あせりと気負いから悪循環に陥っている。
それでも3点では未だ挽回に一縷の望みがあるがあると思っていたが、竹岡の登板でそれも吹っ飛んでしまった。結果は見ての通りである。簡単にスクイズされる、おまけにエラー、昨日の馬原と同じようなボークもする、すっかり敗戦ムードを作り上げてしまった。

いつまでも惨敗のムードをひずっていても仕様がない。明後日からはホークスらしい試合をしよう。ズレータは出場停止となるかも分からないが、良く反省して名誉挽回して欲しい。折角、好感度で沢山のフアンに支えられているのに、フアンに情けない思いをさせないで欲しい。

コメント   この記事についてブログを書く
« ホークス、記録的な敗戦 | トップ | 新垣、連敗ストップ/新庄、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事