やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

暑うしてありありものの見ゆる日ぞ  今井勲

2016年08月27日 | 俳句
22
今井 勲
暑うしてありありものの見ゆる日ぞ

学校も夏休み終盤となり暦の上では立秋も処暑も過ぎた。さりながら残暑がひときわ身にこたえる今日この頃である。熱中症寸前の頭もぼーとして目は遠い眼差しとなる。何も考えない頭ではあるが五感だけは外界に素直に反応している。小賢しい理屈なんぞの入る余裕など無く、ありありとものが見えている。こんな時は冷たいソーダ水が無性に欲しくなる。『天楽』(2008)所収。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋草のにほひの手紙届きたる... | トップ | 鴨渡る鍵も小さき旅カバン ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とみこ)
2016-08-27 08:56:58
やんまさまの
「小賢しい理屈なんぞの入る余裕など無く」
に同感いたしました。

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事