やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

動くとも見えぬ流れや蝌蚪の水 井芹眞一郎

2018年02月16日 | 俳句
533
井芹眞一郎
動くとも見えぬ流れや蝌蚪の水
僅かな流れがあるが止まっている様にも見える。そこに産み付けた玉子が孵ってお玉杓子がぽつりぽとりと水面に顔を出す。春の訪れ、春の使者は他にも見られる。鶯、犬ふぐり、蕗の薹等々。肌にはまだ寒く感じられる東風も吹いている。ふらここに遊び疲れた子供達も水辺にやってきて遊んでいる。季節は確実に動いている。:朝日新聞『朝日俳壇』(2018年2月12日)所載。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 制帽を後ろ手に持ち梅真白 ... | トップ | 鳥雲に話弾みて墓の前 たか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事