やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

よろよろと命の水へ夏の蝶 久永満

2017年07月16日 | 俳句
344
久永満
よろよろと命の水へ夏の蝶

炎帝に焼かれよろよろと飛ぶ蝶がやっと命の水へたどり着く。水辺には水分もさることながらミネラルの土壌が横たわりこれを舐めに多くの蝶が集まる。蝶で無くとも溜息吐息虫の息の人間様である。自動販売機がまるで砂漠のオアシスにも思えてせっせと清涼飲料水を求める事になる。ビール中毒の私は枝豆に塩を振って血液成分を調整している。え、何か誤解してますかね、ワタクシ。:朝日新聞「朝日俳壇」(2007年7月10日)所載。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いちにちの終はりに薬金魚草... | トップ | 緑陰に休む子鼻血止まるまで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事