やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

宝物見つけたここち寒昴 中崎正紀

2018年01月11日 | 俳句
498
中崎正紀
宝物見つけたここち寒昴

立冬が過ぎて空気に透明感が出てきた。これから冬の星空は天体ショーとして面白い。冬は寒いが空気が澄んだ分星が良く見える季節だからだ。星を繋いで星座として見立て愛でたくなるのは人情である。枕草子の清少納言も「星はすばる」と愛でていた。今なら谷口新司のさらば昴よ♪でも唄おうかと言うところ。今夜も良く晴れた。オリオンを見つけスバルを見つければ宝物を見つけた如き喜びに満たされる。:『読売俳壇』読売新聞(2017年1月16日版)所載。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 青年へ愛なき冬木日曇る 佐... | トップ | 葛湯吹く微熱の眉をくもらせ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事